110301_language.jpg
Photo by roryrory.


「英語ができるようになりたい!」と思っている方は、かなり多いのではないかと思います。頭では分かっていると思いますが、英語に限らず、外国語を本当に使いこなせるようになるには、本気で、真剣に勉強しなければなりません。

7年間で8カ国語を話せるようになった「ランゲージハッカー(語学オタク)」のBenny氏が、ブログ「zenhabits」で新しい言語を習得するための一番良い方法を教えています。それはズバリ「今すぐその言葉を話し始めること」だそうです。

 

語学学習といえば、話す以外にも、読む、書く、聞くも含めて総合的に勉強するのが一般的だと思います。ですが、そのような方法で何年間も勉強してきても、未だに人前で外国語を話す自信はない...というのが現状ではないでしょうか?

その原因は、外国語を話す練習や、ネイティブスピーカーと会話をする練習をしてこなかったからです。思い当たる人は、今すぐ外国語を話す練習を始めた方がいいです

外国語を流暢に話すのに、高いIQも、外国ドメインのメールアドレスを持っていることも、他のどんな条件も必要ありません。ただ、実際に外国語を話す練習を始めるだけでいいのです。できることなら、そういう語学学習の姿勢を理解してくれる相手と、前向きな気持ちで話をするといいでしょう

他にも語学を習得するためのポイントが、以下のリンク先(英文)にいくつか載っています。これも英語の勉強の一環だと思って、読んでみてはいかがでしょうか。


Simple guide to speaking foreign languages [zenhabits]

Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)