週刊ポスト誌上で「白鵬×日馬富士 疑惑の優勝決定戦」を告発した日馬富士の元付け人・雷鳳(23)。彼によると、「幕内で確実にガチンコ力士といえるのは、今年の初場所の番付では4人だけ」だと証言する。その中に名前が挙がったのが共に鳴戸部屋の稀勢の里と若の里である。雷鳳は稀勢の里については「迫力のウォームアップをするからガチンコはない」と語るが、若の里はどうか?

 * * *
 稀勢の里と同部屋の若の里も絶対やってません。あそこの部屋(鳴戸部屋)は非常に厳しくて、変な相撲を取ったら、関取だろうが何だろうが部屋に帰って親方に殴られますからね。親方はガチンコで有名だった“おしん横綱”隆の里です。

 一度、鳴戸部屋に出稽古に行った時、若の里がウチの大関(日馬富士)に稽古で負けたことがあった。翌日、同じく出稽古に行くと、若の里の体に大きなアザがあるので驚いたんです。部屋の若い衆に聞いたら、前日に稽古場で親方から竹刀で殴られたと。稽古で負けただけでこうなんですから、本場所で注射(八百長)なんてしたらどうなることか。

※週刊ポスト2011年3月18日号




■関連記事
稀勢の里 ウォーミングアップしてるから八百長力士でない説
ガチンコで朝青龍に勝って「お前覚えとけ」と凄まれた力士
ガチンコ相撲の大乃国 八百長力士からリンチまがいの稽古も
貴乃花親方 ガチンコ相撲貫き通して支度部屋で孤立していた
元力士が退職金貰っていないと激怒するも親方「払ったぞ」