週刊ポスト誌上で「白鵬×日馬富士 疑惑の優勝決定戦」を告発した大関・日馬富士の元付け人・雷鳳(23)。彼によると、「幕内で確実にガチンコ力士といえるのは、今年の初場所の番付では4人だけ」だと証言する。その内の1人が安美錦(伊勢ヶ濱部屋)だという。雷鳳が語る。

* * *
まず同部屋の安美錦は、実際に注射(八百長)を断わっているのを見ました。相手は誰かわかりませんが、交渉しに来た付け人に対して「いやいや、やらないやらない。無理無理」といっていた。

安美錦はあの朝青龍にもガチンコでぶつかっていました。朝青龍に勝ったとき、翌日の支度部屋で、朝青龍から「お前覚えとけ。巡業楽しみにしとけよ」と凄まれたこともあります。当時ボクは安美錦の付け人で、すごく怖かった。でも本人は、「どうしよう、巡業休もうか」と茶化していましたね(笑い)。仮に八百長で星の貸し借りをしていたなら、相手が脅しになんて来ないでしょう。

安美錦は若い衆が昼寝している間も、自分ひとりだけジムでトレーニングに励むような人で、夜遊びもしない。今でも力士の鑑だと思っています。

※週刊ポスト2011年3月18日号




■関連記事
朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」
告発者が謎の病死も…大相撲・八百長告発の50年
萩原健一と交際の冨田リカの元交際相手は渡辺裕之似イケメン
元力士が退職金貰っていないと激怒するも親方「払ったぞ」
『超五十連勝力士碑』に横綱・白鵬の名がまだ刻まれない理由