パンダフィーバーに沸く上野動物園でひと足早く新しいパンダグッズが発売。写真は一番人気の「ぬいぐるみ(伏せパンダ)」/ぬいぐるみ 伏せパンダ(Lサイズ4935円)

写真拡大

比力(びーりー)と仙女(しぃえんにゅ)の来日から1週間が過ぎ、3月下旬の公開に向けて盛り上がる上野動物園。そうした中、園内のショップには早くも新パンダグッズがお目見えし、公開を待ちわびる人々の関心を集めている。

【画像】超キュートなパンダグッズ12点はコチラ!

2月25日より上野動物園で発売となったパンダグッズは全11種。なかでも注目は、やはりフワフワなぬいぐるみで、同園の販売係長・進藤さんによれば「かわいいのはもちろんですが、飼育員のアドバイスを受けながら、体型や仕草まで忠実に再現している」という徹底したこだわりぶりなのだ。

そんなぬいぐるみで一番人気なのが、寝転んだパンダを模した「ぬいぐるみ(伏せパンダ)」(Sサイズ1680円/Mサイズ3150円/Lサイズ4935円)。以前から人気のぬいぐるみをリニューアルした商品で、首元にあしらわれたリボンがかわいらしい。「抱っこすると、パンダのつぶらな目が自分の目と合って、より一層かわいいんですよ」と進藤さん。大きさは3種あり、一番小さいSサイズが子供に人気なんだとか。一方で、お母さんたちに評判なのが、「ぬいぐるみ(オーガニック)」(Sサイズ3990円/Lサイズ6825円)。アースカラーの、珍しいパンダのぬいぐるみで、国産オーガニックコットンでできているため、アトピーやアレルギーの子供でも安心して遊べる。

つがいの2頭になぞらえて、パンダのペアグッズも発売。「ぬいぐるみ(ペアパンダ)」(2625円)と「ぬいぐるみマグネット(ペアパンダ)」(1575円)は、どちらも左右で2頭が対になったぬいぐるみ。前者は、20年以上前に発売された“初代”パンダのぬいぐるみをモデルに作られたリアルな表情が特徴で、手や足を自在に動かすことができるのがユニーク。それに対して、後者はゆるんだ表情と水玉リボンがかわいらしいデフォルメ感が特徴だ。また、「ぬいぐるみチャーム(ハート)」(1680円)は、2頭の首飾りを合わせると大きなハートができるという“ラブ注入”的な仕組みで、ぬいぐるみを取り外せるのでカップルでひとつずつ持ち合うのもオススメだ。

最後に紹介したいのが、キャラクター缶に醤油せんべいと砂糖がけせんべいが5枚ずつ入った「缶入りせんべい」(1000円)。コミカルな缶だけでも欲しくなるが、実はせんべいにも小ワザが利いていて、10枚のせんべいにはそれぞれ違ったイラストが描かれている。進藤さんによれば、外国人観光客にも大人気の商品だそう。

上記のグッズは上野動物園内のギフトショップ、リトルトランクやプチカメレオンなどで購入可能。なお、グッズの収益の一部は「ジャイアントパンダ保護サポート基金」に寄付され、国際的なパンダ保護活動などに活用される。上野動物園オリジナルのパンダグッズで、公開前のワクワク感を楽しんでみるのはどう?【東京ウォーカー】

【関連記事】
間もなく公開! 気になる“パンダの疑問”を先取り解明 (東京ウォーカー(全国版))
「早くパンダに会いた〜い」天才子役・大橋のぞみが「うえのパンダ歓迎大使」に就任 (東京ウォーカー(全国版))
実は高級マンション並み!? 上野動物園「パンダ舎」潜入レポ (東京ウォーカー(全国版))
歓迎ムード一色! 上野動物園に“待望のパンダ”がやって来た! (東京ウォーカー(全国版))
盛り上がるパンダ熱! 和歌山の双子パンダもすくすく成長中 (関西ウォーカー)