三井不動産レジデンシャル(株)では、地球・街・家族との「共生(symbiosis)」をコンセプトに、CO2排出量ゼロを目指し、「ゼロエミッション・ゲストハウス」「ハイブリッド・ソーラーシステム」「リチウムイオン蓄電池システム」「CO2見える化」など、さまざまな次世代環境新基準を盛り込んだ大型マンションプロジェクト「パークシティ国分寺」(東京都国分寺市泉町)の第1期販売を3月5日(土)より開始した。

「パークシティ国分寺」は、敷地面積3955.53坪、延床面積11162.66坪。構造・規模は鉄筋コンクリート造(一部鉄骨)、地上8階・地下1階建て。現地は、JR中央線特快停車駅の国分寺駅から徒歩12分、JR武蔵野線も乗り入れている西国分寺駅から8分の場所に立地。10ヘクタールの広大な都立武蔵国分寺公園に面した緑豊かなエリアで、竣工・入居開始は平成24年3月下旬の予定。総戸数331戸のビッグプロジェクトで、今回は第1期分として150戸の販売が開始された(専有面積56.43〜100.08平米、販売価格3780万円〜8760万円)。モデルルームのオープン後、反響は大きく、今年1月以降既に1000組が来場している。来場者の属性としては、国分寺・武蔵小金井など、現在JR中央線沿線に居住している30〜40代のプレファミリー、ファミリー、DINKS世帯が半数を占めるほか、終の棲家を求めるシニア世代の関心も高いという。

地球環境との共生では、まず、新世代型太陽電池モジュールである40kw相当のCIS(薄膜化合物系)を導入し、発電した電力は共用部で使用。余剰電力は、三菱重工業(株)が新たに開発した次世代リチウムイオン蓄電池システムに蓄電し、天候の悪い日や夜間、災害時などの補助電力として運用していく。また、屋上菜園、屋上庭園、クーリングミストの設置、保水機能と透水機能を併せ持つ舗装材「保水ブロック」の採用、エコカー(2台)によるカーシェアリング、電動アシスト付自転車(7台)によるレンタサイクル、家庭内におけるエネルギー消費量・CO2排出量を表示するガス給湯リモコン「セーブ・アース・ディスプレイ」、入居者専用WEBサイト「国分寺エコクラブ」など、環境との共生を図る、様々な取り組みを展開している。
さらに、太陽光発電と太陽集熱(給湯・床暖房利用)を組み合わせた「ハイブリッド・ソーラーシステム」を、入居者やその家族・友人が利用出来る共用施設「ゼロエミッション・ゲストハウス」(利用料1日6000円)に導入。オール電化、エコ家電等による省エネを体感する、エコへの気づきの場として運営していく。
住戸プランでは、家族との共生をコンセプトに、話題の本『頭の良い子が育つ家』の共著者・渡邊朗子氏の監修による新しい住まい方の提案「すくすくプラン」を導入している。これは、子供に独立した部屋を与えるのでなく、リビングで家族とコミュニケーションをとりながら勉強したり、遊んだりすることで、風通しがよく、五感を刺激し、子供の成長や家族のライフステージの変化に対応する、可変性の高い住空間づくりを目指すもの。
具体的には、引き戸にホワイトボードの素材を使用、「落書きボード」として、水性マジックで思うままに絵を描けるように工夫。また壁面一杯には大きな本棚を作りつけられ、LDKに連続する位置に親子で使えるデスクを配置。子供部屋との隠し扉を開閉することで、空間を仕切ったり、広く使ったり、様々な暮らしの変化にも対応する(この「すくすくプラン」は、「パークシティ国分寺」の住戸のうち、最大で80戸が対応可能となっている)。
このほか、共用施設では、大手書店と提携したライブラリーや、フィットネススタジオ、ヨガスタジオの展開、雨の日も安心して遊べるキッズルーム、最近肩身が狭い愛煙家がくつろいでタバコを吸える「スモーカーズルーム」など、大型プロジェクトならではの充実した取り組みが計画されている。