家電エコポイント改定前に買った人は負け組? 改訂前後の液晶テレビ価格を比較してみたぞ

写真拡大




昨年10月、家電エコポイント制度の見直しがあり、「2010年12月1日以降購入分から獲得ポイントがほぼ半減」「ポイント獲得には古い家電からの買い替え(リサイクル)が必須」になるなどの改訂が行われた。家電エコポイントの対象家電製品の購入期限を3月31日に控え、駆け込み購入を検討している人も多いのではないだろうか。購入のベストタイミングを探るべく、液晶テレビについて改訂前と現在の価格を比較してみた。

昨秋の家電エコポイント制度改訂を受けて、液晶テレビの購入を検討する消費者側は「改訂前に買うべきか」「ポイントが減っても改訂後に少し安くなったときに買うべきか」で思案したものだ。家電エコポイント対象家電製品の購入期限が3月31日までと迫り、また多くの家電メーカーや家電量販店が決算月を迎えることも重なって、液晶テレビ販売市場では値引き競争が一段と激化している。

実際のところ、改訂前の価格と現在ではどちらがお買い得なのか、『価格.com』の価格変動履歴で調べてみたぞ。

52インチ ソニー『3D BRAVIA KDL-52HX900』
改訂前安値  31万1700円(2010年10月11日)−エコポイント3万9000点=実質27万2700円
改訂後安値  23万7990円(2011年 3月 3日)−エコポイント1万7000点=実質22万990円

42インチ 東芝『LED REGZA 42Z1』
改訂前安値  10万7862円(2010年9月27日)−エコポイント2万6000点=実質8万1862円
改訂後安値   8万8000円(2011年3月 3日)−エコポイント1万1000点=実質7万7000円

37インチ パナソニック『VIERA TH-L37S2』
改訂前安値  6万8800円(2010年 9月13日)−エコポイント2万点=実質4万8800円
改訂後安値  5万578円(2011年 2月21日)−エコポイント 8000点=実質4万2578円

32インチ シャープ『LED AQUOS LC-32SC1』
改訂前安値  5万1000円(2010年10月 4日)−エコポイント1万5000点=実質3万6000円
改訂後安値  4万1500円(2011年 3月 3日)−エコポイント 6000点=実質3万5500円

※2011年3月3日時点での価格履歴より抜粋
※エコポイントは古い製品からの買い替え(リサイクル)時の獲得ポイント数
※エコポイントは1ポイント1円で換算

このように、おおむねエコポイント改訂後の減額分をカバーするほどの値引きがなされている今はお買い得な時期だと言える。昨年の11月末頃にはエコポイント減額前の最後の駆け込み需要で液晶テレビは一時的に値上がりしていたことを踏まえると、3月初旬の購入がベストタイミングになるかもしれない。ただし、現在はエコポイント獲得には「古い製品からの買い替え(リサイクル)が必須」であることをお忘れなく!
 
画像:『価格.com』より引用

※この原稿はガジェット通信一芸記者「ゲーリー落合」さんが執筆しました。
●ゲーリー落合さんプロフィール:ニコ生でFX放送をしています。福岡在住。昨年会社員を辞め人生365連休中。為替・音楽・映画・サブカルチャーから福岡ローカルネタまでオモロなネタを投稿していきたいと思います。
 

■関連記事
【FX】専業トレーダーになるにはどのくらい勝てればいいの?
液晶テレビ背面に取付できる 録画/再生可能な超コンパクトなHDD『LaCie rikiki』
ビデオ感覚で『YouTube』をテレビで楽しむ『YouTube XL』専用ネットテレビボックス『BCT-10』
“台湾48”が今年の夏に結成される!? 秋元康氏がテレビ番組で語る
7割の女性が“ひな人形”を飾らない? 日本の住宅事情とひな祭り