シスメックス(兵庫県神戸市、家次恒社長)は、従業員の健康指導のためのSaaS型支援サービス「保健指導最適化サービスPROWELL Opti(プロウェルオプティ)」の販売を開始した。

 同サービスでは、健康診断の検査結果と生活習慣の調査で得た分析結果を用いて、指導方法と生活習慣の見直しポイントを自動で作成することによって、指導レベルの均質化や効率化を図ることができる。また、見直しの優先度や疾患発症リスクを視覚的に示し、従業員に自ら改善に取り組ませる動機付けを行う。

 肥満に対するサービスから開始し、高血糖や高血圧の改善などの機能を追加して行く予定で、従業員の健康問題による生産性低下を防ぐための支援を強化する。

 藤原壮好同社新事業開発グループ部長は、「当社の強みである検体検査の分析や健康支援サービスのノウハウを活かした新サービスを探索しています。関心が高いメンタルヘルス対応に役立つサービスの開発にも積極的に取り組んでいます」と力を込める。

メンタルヘルス対策の現状と課題-復職支援は試行錯誤、問題を発見・解決する予防へ
医療・福祉が女性の雇用を下支え、非正規雇用は初の減少
企業の新型インフルエンザ対策が着々と進む

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。