人気バスケ漫画がミュージカルに! ニコミュ第5弾『DEAR BOYS』制作発表の様子

写真拡大




『ニコニコミュージカル』(以降、『ニコミュ』)『DEAR BOYS』は、八神ひろきさん原作のバスケットボール漫画をミュージカル化した作品。2007年と2008 年に2度ミュージカル化されており、今回が3回目の公演となります。舞台上の演出に本物のバスケットボールを使う臨場感のある作品です。今回の制作発表は第4弾『ココロ』と合同で行われました。会場には出演者の植野堀まことさん、阿部直生さん、岡田亮輔さん、中山優貴さんと、演出の宇治川まさなりさん、エグゼクティブプロデューサーの片岡義朗さんが登壇しました。※全ての写真を見るにはこちらから(http://getnews.jp/archives/101978)

宇治川まさなりさん
演出を担当する宇治川まさなりさんは、「(DEAR BOYSの)第3弾が決まったことが素直に嬉しい。舞台上でガチでバスケをする、という企画から始まったミュージカル。メンバーもほぼ入れ替わるが、新たな“DEAR BOYS”を作りたい。ニコニコミュージカルは生で舞台が見られる。このスタイルは世界でここしかない! ミュージカルを観ているのか、スポーツ観戦をしているのか、よく分からない疑似体験ができると思う。男ばかりの舞台、頑張っていきたい」と熱く語りました。

植野堀まことさん
本作の主人公。天才的バスケプレイヤー、哀川和彦役の植野堀まことさん。「自分が10年間やってきたバスケの良さ、友情の熱さ、人と人との関わりの熱さを表現したい」と熱意あるコメント。

阿部直生さん
ちゃらちゃらしたお調子者のようで、しっかりと状況を把握する哀川の後輩・高階トウヤ役を演じる阿部直生さん。「この役が決まったときは信じられなかった。“やった!”という気持ちでいっぱい。がむしゃらに頑張る」とやる気をみせていた。

中山優貴さん
主人公達の宿敵、成田中央高校に通う全国トップクラスの選手、森山敦司役の中山優貴さん。「ミュージカルは初挑戦。バスケも体育でしかやったことがないけれど、頑張ります」と語りました。

岡田亮輔さん
主人公達のライバル校である本牧東高校に火曜エース、保科唯人役の岡田亮輔さん。「前回に引き続き演じさせてもらいます。原作の大ファンなので、この役が演じれることが光栄です。今まで培ってきたものを活かして、更に良い作品を作りたい」と笑顔でした。

他にも、兼松若人さん、山谷光博さん、小笠原健さん、河原田巧也さん、安里勇哉さん、尾門和也さん、寺崎裕香さん、森渉さん、田中稔彦さん、小島将士さん、中島康太さん、夛留見啓助さん、山本哲平さん、六本木康弘さん、鯨井康介さん、湯澤幸一郎さんと豪華な出演者が決まっています。

『ニコニコミュージカル』第5弾『DEAR BOYS』は4月29日から5月8日まで、北千住にあるTHEATRE 1010で行われます。チケットは前売り・当日共に5500円(税込み)です。また、制作発表の後に行われた『ニニコニコミュージカル第5弾“DEAR BOYS”キャスト発表生放送』では、藤原祐規さん 、豊永利行さんが司会を務めました。その様子は『ニコニコ生放送』タイムシフトで視聴することができます。本格的バスケットボール漫画『DEAR BOYS』の舞台にこれからも目が離せません。

ニコニコミュージカル第5弾『DEAR BOYS』キャスト発表生放送:http://live.nicovideo.jp/watch/lv41984213

■最近の注目記事
妄想ムービー作成でなんと賞金総額100万円! 『妄想! エア家電グランプリ』が開催
大人気アニメの美人声優達が出演! ニコミュ第3弾『ニコニコニーコ』制作発表に行ってきた
ワンダーフェスティバル2011【冬】で出会ったコスプレイヤー達 前編
『遊べる! 超小型カメラ』LVR-CV01レビュー 普段は見えない視点での撮影ができる!
コトブキヤのフィギュアはこんなにも可愛い! 俺妹・遊戯王・東方シリーズなど ワンダーフェスティバル2011【冬】