勇敢に外国メディアの前に躍り出て真実を訴えた僧侶 死亡

写真拡大




今回は中原一博さんのブログ『チベットNOW@ルンタ』からご寄稿いただきました。

勇敢に外国メディアの前に躍り出て真実を訴えた僧侶 死亡
『9−10−3の会』(グチュスン・チベット良心の囚人の会) *1 によれば、2008年3月にアムド、ラプラン・タシキル僧院で平和的抗議活動を行った僧サンゲ・ギャツォ氏(41)が先週の土曜2月26日に自身の僧房で息を引き取った。

*1:『9−10−3の会』(グチュスン・チベット良心の囚人の会)
http://www.lung-ta.org/guchusum/guchusum.html

サンゲ・ギャツォ氏は2008年4月9日、ラプラン僧院を訪れた外国メディアの前に突然飛びだし、隠されたチベットの現状を必死に訴えた僧侶グループの1人でもあった。ビデオ *2 を見ても分るが、彼らは勇気を振り絞り、大きなチベット国旗を掲げ、涙ながらに「我々には人権が必要だ! チベット全土で弾圧が行われている」と訴えている。



*2:「Labrang Monks : April 9, 2008 」 『youtube』
http://www.youtube.com/watch?v=sNRuQ2-kPoI&feature=player_embedded

2008年3月、ラプラン僧院では当局との激しい衝突が起こり、数十人が銃弾に倒れ殺されている。このときにも彼は先頭に立ちデモを先導したという。外国人メディアの前に現れたグループの内の3人は一年間の逃亡生活の後亡命を果たし、ダラムサラに来て、そのときの状況を詳しく報告している。私もこの3人に会っている。関連エントリーは以下。

「ラプラン僧院を逃れデリーに到着/ラプラン、ジグメの証言日本語訳」 2009年05月10日 『チベットNOW@ルンタ』
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51198938.html
「ラプランからの5人の勇者」 2009年05月19日 『チベットNOW@ルンタ』
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51202082.html

当局の逮捕を怖れ、ギャツォ氏を初め、このときのグループは山に隠れ逃亡生活を送るしかなかった。ギャツォ氏も一年以上も山に隠れていたという。山に隠れている間、食料不足と何時発見されるかも知れないという恐怖で不眠の日々を送ったという。

このときのアピールの様子がBBCでも報道されたことにより、当局は彼の逮捕に賞金を掛け、何か月にも渡りニュース報道で彼の逮捕を促した。

山籠に耐え得ず、彼は病気になり、床に伏した。山を下りたが、逮捕を怖れ国立の病院に入ることはできなかった。田舎の病院に入院したが、病状は良くならず、次にカンロのチベット伝統医学の病院に入院した。医者は肝臓に疾患があり黄疸(おうだん)がひどいと言ったという。さらにラプラン近くのカチュ人民病院に入院したが、ここで医者は「病気は治すことができないものだ。家に引き取った方がよい」と言った。

「彼の年老いた両親と親戚は最後まで彼の面倒をみていた。中国当局は彼が病院に入院していることを知らなかった訳ではない。先が長くないと分っていたので彼を逮捕しなかっただけだ」と『9−10−3の会』はコメントする。

サンゲ・ギャツォ氏は1969年、ラプラン、タシキルの田舎の遊牧民の家庭に生まれ、16歳の時ラプラン僧院に入り僧侶となった。1991年23歳のとき、学問を極めるため南インドのデブン僧院に留学した。しかし、しばらくして健康を害し再び元の僧院に帰らざるを得なかった。

「彼の死は、基本的な言論の自由を行使しただけで、弾圧を怖れ逃亡しなければならないという、悲惨なチベット人の現状を象徴的に現している」と『9−10−3の会』はその声明の中で述べている。

<参照>
「2008 Tibet monk protester succumbs to illness」 2011/2/28 『Phayul.com』
http://www.phayul.com/news/article.aspx?id=29181&article=2008+Tibet+monk+protester+succumbs+to+illness%3a+report

「Sangay Gyatso, a leading protester in 2008 Tibet uprising, dies」 2011/2/28 『The official websaite of Central Tibetan Administration』
http://www.tibet.net/en/index.php?id=2157.&articletype=flash&rmenuid=morenews&s&tab=1#TabbedPanels1

執筆: この記事は中原一博さんのブログ『チベットNOW@ルンタ』からご寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

■最近の注目記事
日本にパンダがいないわけじゃない 首都圏にいなかっただけだ
若者はセックスまで避けだしているのか
脅威の瞬間コンパクト三脚 Velbon『CUBE』 動画レビュー
おもちゃ箱から整理タンスへの進化が早すぎた『MovableType』
GDP世界一の都市・東京