3月3日といえば「桃の節句」や「ひな祭り」が思い浮かぶと思うが、ほかにも様々な記念日が制定されている。
 その中の1つである「オーディオブックの日」は、昨年、日本記念日協会から認定されたばかりの記念日で、オーディオブックは耳で聴くもの、ということから「33」(みみ)の語呂合わせに由来している。

 国内最大手のオーディオブック配信サイト「FeBe」(株式会社オトバンク運営)では、この「オーディオブックの日」にちなみ、「私を支えてくれた一言」をテーマとしたエピソードをオーディオブックリスナーから公募する「世界に一つだけの物語」大賞を企画。
 そして、100通以上の応募の中から、大賞にMr.オザックさんの「いつか咲く花」が選ばれたことが発表された。

 「いつか咲く花」は、とある会社に勤務するサラリーマンを描いた作品。業務改善のために仕事に励む主人公にかけた上司の忘れられない言葉とは…?
 本作はラジオドラマ化され、今日から「FeBe」上で配信されている(3月13日までは無料で配信)。

 iPhoneアプリ「朗読少女」のブレイクを筆頭に、浸透してきつつある「朗読」の世界。この機会にその世界に触れてみてはいかがだろうか。
(新刊JP編集部/金井元貴)

■「世界に一つだけの物語」大賞
http://www.febe.jp/special/audiobookday2011/index.html

【関連記事】  元記事はこちら
AKB48のメンバーが『もしドラ』を読んだら・・・?
オーディオブックでも1位、『もしドラ』“2冠”
「『もしドラ』ヒットの要因は人々がドラッカーを求めていたから」
話題のiPhoneアプリ「朗読少女」、今春に新キャラクター登場も

【新刊JP注目コンテンツ】
ドクター苫米地の人生お悩み相談(音声メッセージも配信しています)
良い家を造るための秘訣をお教えします!