株式会社アエリアが日本国内で運営を行っているMMORPG「DOFUS(ドフス)」を、2011年4月1日に開発元であるAnkama社の日本支社、Ankama Japan 株式会社へ運営移管すると発表した。
「DOFUS(ドフス)」はAnkama社が開発を行い、2004年から世界で最初にサービスしているオンラインゲーム。現在では全世界150カ国以上で3500万人以上のプレイヤーを獲得している。

日本国内では2010年9月より株式会社アエリアがライセンス委託を受けサービスを行っていた。今回の移管にあたって、ゲームプレイに関わる情報(キャラクターデータ、ゲーム内マネー(オグリン含む)、掲示板メッセージ等)は、移管と同時に全てAnkama Japan株式会社が引き継ぐ。

ただし、AeriaGames会員IDとして登録している個人情報については引継ぎを行わないため、移管手続きの際にAnkama Japan株式会社側の指定する手続きに則って新たに登録が必要となる。

●関連URL
▼DOFUS公式サイト

http://www.dofus.jp/

■関連記事
「KAROS ONLINE」、ゲーム内スクリーンショット40枚を一挙公開
東方神話題材のMMORPG「Soul Captor」、動画と一部システム公開
Web乙女ゲーム初!「スタープロジェクト」第3のキャラは竜騎士
【うちの本棚】第五十五回 愛の伝説/松森 正(原作・神保史郎)
【無所可用】花柄物語