テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

iine最近ブログやニュースサイトなどで「いいね!」というボタンが付いているのをよく見かけますよね。facebookの「いいね」ボタン、mixiの「イイネ」ボタン、greeにも「いいね」ボタンがありますし、様々なサイトで「いいね」っぽい機能が実装されています。祭りですよね、いいねの。

しかしこのまま「いいね」が増えていくとすると、最終的に「いいね」ボタンがズラーッと並んで、画面が「いいね」で埋め尽くされる、なんてことも。どれがどこの「いいね」か分からない、というような状況になりそうですよね。「おまえはどこのいいねじゃ?」とかザッカーバーグも石立鉄男のマネしかねないですよ。カタコトで。

結果「いいね」が押される回数は激減。やがて世の中から「いいね」が姿を消し、人々の心は荒み、街はゴーストタウンと化し、人類は衰退の一途を辿る。ヤバイっす。どげんかせんといかんですよね、これは。

「いいね」ボタンにもっと個性を。

とうことで本日は、「いいねボタンがズラーッ」を未然に防止すべく、いろんなバリエーションの「いいね」ボタンを考え、「いいね」ボタンの可能性や未来を探求してみたいと思います。

01

これが基本形ですね。ここから徐々にバリエーションをつけ、差別化していきましょう。以下、バリエーション。




02


03


04


05


06


07


08


10


04


03


19


14


21


22


続きを読む

この記事の元ブログ: 「いいねボタン」を押すと地球が救われる


最新の人気記事はコチラ
フリーイラスト素材だけで「天空の城ラピュタ」このエントリーを含むはてなブックマーク
北斗の拳で学ぶ男のマッチョ美学このエントリーを含むはてなブックマーク
「月9ドラマジェネレーター」を作ってみたこのエントリーを含むはてなブックマーク
モンスターハンターで学ぶ請求書の書き方このエントリーを含むはてなブックマーク
デスノートをノート以外で考えるこのエントリーを含むはてなブックマーク
そろそろ「三角食べ」以外の食べ方にも名前をつけてやるべきじゃないかこのエントリーを含むはてなブックマーク
ツイッターが映画化されたらどんな映画になるのか?このエントリーを含むはてなブックマーク