日本初の国際ペット産業フェア「インターペット」8月末に開催

写真拡大

(社)ペットフード協会とメサゴ・メッセフランクフルト(株)は、ペットに関連するあらゆる製品、サービス、アイデアを国内外から一堂に集めて提案する、日本初の国際ペット産業フェア「interpets(インターペット)−人とペットのより良い暮らしフェア」を、来る2011年8月25日(木)〜28日(日)までの4日間、幕張メッセにて開催する。

日本のペット市場は、少子高齢化や核家族化といった社会情勢に後押しされる形で成長し、今やアメリカに次ぐ世界第2位のペット大国となっている。またペットの住環境という観点からは、インテリア業界からもペット市場への期待感は大きい。そうした中、初開催となる「インターペット」では、ペットフードやペット用品はもちろん、住宅、インテリア、ファッション、カメラ、自動車、ヘルスケア、医療、保険、シルバーなどなど、人とペットとの暮らしに関わる製品・サービスも含め、トータルにペットとのライフスタイルを提案する。イベントやセミナー、海外パビリオン展開など多彩な特別企画も進行中である。入場料は1000円。前売り券購入の場合は500円。ペット連れの入場も可能。

「インターペット」への出展申込は4月11日(月)まで(ただし満小間となり次第、締切)。すでに国内大手ペットフード会社をはじめ、ペット用品メーカーなど約100社が出展を表明、この他にも海外企業も含め約150社が出展の検討をしている。なお「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW2011」(主催:日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会)と同時開催される。