自分を見つめなおすための“30代の仕事術”

写真拡大

 30代は、今やっている仕事は本当に自分がやりたかったことなのかと疑問に思ったり、学生時代に思い描いていた将来の自分像と今の自分を比較して「こんな仕事をしているはずじゃなかったのに」と後悔しやすい年代です。
 しかし、それは社会人になって10年が経過したことによる慣れや慢心が原因かもしれません。30代は、自分の今の仕事を見つめなおすことが必要なのです。

 そこで今回はベテランビジネス作家が人生の成功術を綴った1冊『君は今、「自分の道」を歩いているかい? 35歳からの成功術』(秋庭道博/著、学習研究社/刊)より、自分の仕事を見つめ直すためのポイントをいくつか紹介します。

1、ルーティンワークを侮るな
 「職場でやらされていることが毎日同じようなことばかりでうんざり」と思ってはいないでしょうか。しかし、「同じような仕事にうんざりする」と思うのは、与えられている仕事がある程度習熟したからです。そもそも仕事のほとんどは「ルーティンワーク」だと自覚し、まずは目の前の仕事に集中しましょう。その先にやりたい仕事があるはずです。

2、部下に対しても「ホウ・レン・ソウ」
 「報・連・相」が一方通行では、結果的に周囲の人や周りの人たちに迷惑をかけることになります。「働くというのは、傍を楽にすることだ」とよく言われますね。「傍」とは、周りの人たちのこと。部下や後輩を指導する立場の人も、自ら「報・連・相」を実行しないといけません。

3、代案なくしてビジネスなし
 ビジネスは必ずしも、予定通りに動くものではありません。スケジュール調整がうまくいかなかったり、会議で方針が突然変更されたりすることもあります。その中で積極的に代案が出せるようになれば、その集団や組織における「中堅」の地位を得ることができます。

 本書には30代の方々に向けた、たくさんのメッセージが贈られています。各章末に掲載されている文豪や様々な分野の成功者の名言は、悩んでいる心をふっと軽くしてくれます。見つからなかった答えを見いだす糸口になるかもしれません。

 10代や20代の頃に考えていた「自分はこうなりたい」という姿を思い出し、一度自分の人生を振り返ってみて下さい。日常の中にも改善できることはたくさんあるはずですよ。
(新刊JP編集部/川口絵里子) 

【関連記事】  元記事はこちら
日本一社員が“快適”な会社とは?
会社で好かれるためのマナー術
小説家の気持ちを味わうことができるスポーツ
経営のプロフェッショナルに訪れたあまりにも残酷な“転機”

【新刊JP注目コンテンツ】
ドクター苫米地の人生お悩み相談(音声メッセージも配信しています)
良い家を造るための秘訣をお教えします!