【B級】名古屋ブランド強し!?ブロンコビリーにハマり中

写真拡大




味噌煮込みうどん、スガキヤ、味噌カツ、山ちゃん、ココイチ……気が付けば私は名古屋発の飲食店にハマる確率がわりと高いような気がしている。今日紹介する“ブロンコビリー”も例に漏れず名古屋発の飲食店で、炭火焼のハンバーグやステーキが特徴のまさにB級!といったチェーン店である。

といっても、単に肉がうまい店なら他にも“ステーキのどん”や“ビッグボーイ”も存在しており、そこまで注目することもなかっただろう。ではなぜ“ブロンコビリー”なのかといえば、それはサラダバーとご飯が大変においしいからだ。特にサラダバーは普段こういったところで野菜を好んで食べない私でさえ、2度、3度とおかわりしてしまうほど。その美味しさには社内にいる野菜ソムリエが影響しているようで、そんじょそこらのサラダバーとは一線を画している、という印象だ。野菜の味にうるさい妻でさえ、おいしいおいしいとおかわりをするのが象徴的である。

サラダバー

そしてさらにアピールしておきたいのが、大かまどで炊かれる白米ご飯である。実は私は幼少時に釜で炊いたご飯を食べて育ったため、その味にはうるさい方だと思うのだが、“ブロンコビリー”のご飯は本当にうまい。相当強い火力で炊きあげているのがよくわかるくらい、ふっくらつやつやなのだ。しかも魚沼産コシヒカリを使用ということで、ご飯に対する同店のこだわりが伝わってくる。惜しむらくはおかわり自由ではないところか。しかし逆に考えれば、ご飯にはコストが相当かかっている、と考えることもできるだろう。

もちろん肉はうまい。最もオススメである『炭火焼きジューシーがんこハンバーグ』は肉肉しいとしか形容できないハンバーグで、粗挽きタイプとして相当にレベルが高い。だが、“ブロンコビリー”のアピールしどころはやはりご飯とサラダバーだろう。大かまど炊きのつやつやごはんと、20種類以上の野菜・果物で構成されたこのサラダバー、一度は体験してみてほしい。

(中山 記男) http://airoplane.net/


■関連記事
CoCo壱番屋の人気トッピングは? 1位2位をチーズがワンツーフィニッシュ!
ロッテリア『タワーチーズバーガー(10段)』を食べてみたよ
60日間ずっとカレーを食べ続けた男
雷鳴とどろくスゴいサイト『肉の田じま』は「社員が作りました」
BLTバーガーならぬ『ABCDEFGHIJKLM…バーガー』が凄いことに!