日本の木造住宅は構造計算を義務づけられていない?

写真拡大

 ニュージーランドのクライストチャーチで起きた地震で、問題となっているのは建物の耐震性の問題だ。
 日本でも、1995年の阪神・淡路大震災で家屋倒壊の被害が大きくクローズアップされ、建物の耐震性の見直しがなされたが、まだ充分ではないという議論がある。

 株式会社エヌ・シー・エヌ代表取締役社長として木造建築の普及に務める田鎖郁男さんは、上梓したばかりの新刊『そうか、こうやって木の家を建てるのか。』(小学館/刊)で、木造家屋を建てるには何を重要視すべきなのかということに言及するが、一方で日本の木造住宅に法律的な「穴」が存在することを指摘している。
 家を建設するときは、どのような工務店やハウスメーカーに頼むべきか。田鎖さんにお話をうかがった。

■前編:防げたはずの阪神・淡路大震災の家屋倒壊…

―今回は『そうか、こうやって木の家を建てるのか。』についてのお話をうかがっていきたいと思いますが、本の話に入る前に、田鎖さんがこれまでどのようにして木造建築に携わってきたのかをお聞かせください。

田鎖さん(以下省略)「まず経歴から申し上げますと、大学卒業後、双日の前身会社である日商岩井に入って、木材の輸入に関する業務や木材を建築に使う際にどのように構造利用するかということについての研究に参加していました。
そうした中で、私にとって1つの転機になったのが1995年の阪神・淡路大震災です。どれほどひどい被害が出たかは皆さんもおそらくご存知だと思いますが、実際に被災地に飛んでいってその状況を見たら、とても悲惨な光景が広がっていたんです。特に家屋については、多くの家屋が倒壊しました。もしまた大地震がきたとき、このような惨劇が繰り返されないためにどうすればいいか、というのはあの場に行けば誰もが思うはずです」

―家屋の倒壊で亡くなった方もかなり多くいらっしゃいましたね。

「そうです。私は、あれは人災であると思っています。どういうことかというと、木造建築というのは建設する際に、構造計算をしなくていいんですよ。構造計算とは例えば震度6の地震が来たときに何センチその建物が揺れるかというようなことを科学的に計算することなのですが、法律では木造建築は構造計算を義務付けられていないんです。阪神・淡路大震災の被災地で見たのは、そのことで起きた現実でした。地震で亡くなられた方の9割は建物の倒壊や家具の転倒によって起こる圧死ですから、構造計算をしっかりやって耐震性を測っていればその多くは防げたはずなんですよ」

―構造計算をするという義務は今でもないんですか?

「ありません。私が戦っている現実はそこにあります。家を建てる前に構造計算をするのは、全ての建築業者に等しく必要な倫理観だと思うのですが、この考えはそこまで普及していないというのが現状ですね。
木材に科学を取り入れるということは、阪神・淡路大震災がなかったとしてもやっていたとは思いますが、あのとき、自分の仕事が人の命を救っているということが目に見えて分かりました」

―本書はそうした背景を踏まえた上で書かれていらっしゃると思うのですが、本書では工務店選びについてかなり丁寧に書かれている印象を受けました。他の家選びの本と比較してもかなり独特だと思います。

「私が本書で述べたかったことは、“家は買う物じゃない”ということです。普通、家の選び方について書かれる人は、悪いところをあげつらって、“悪いところがない家を買いなさい”という風に書くと思うんですね。でも、私は…まあ、20年くらいこの業界に携わってきて裏事情まで知っているから言えるのかも知れませんが(笑)、そういった減点法で家を評価して購入するというのは間違っていると提言しています」

―では、田鎖さんが主張されていることはどのような家の選び方なのでしょうか。

「まず、“家を選ぶ”という考え方をなくして欲しい。重要なのは“家”ではないんですよ。なぜなら、家というのは全部カスタムメイドだからです。敷地条件もその土地の環境も、地形も、建てる物件の高さも、そして住む人も違いますよね。普通の人は、家はみんな同じ家だと思っているかも知れないけど、沼地に建つ家と岩盤の上に建つ家は造り方の根本から違います。だから家を商品だと思って買ってしまうと、全くその土地に合わなかったということになる。そうではなくて、家は買うものではなく、普請するものなんです」

―普請するということは家を造る人が大切ということでしょうか。

「そうです。選ぶよりも“誰に頼むか”が大切なんです。実はこれが一番のギャンブルなんですよ。良い人にお願いするのか、悪い人に頼んでしまうのか、それがその後の家の建築において最も左右される部分ですね」

―「悪い人」の例でいえば、本書では「坪○○万円の自由設計」と書かれたチラシは危ないと書かれていましたが、そういう工務店のことですね。

「そうなんですよ。カスタムメイドだから、必ず値段は変わってくるんですよね。だから実際は坪単価のような値段設定はありえない。でも、この宣伝文句が嘘だということは家を建てようとしている人には分からないじゃないですか。また、騙して欠陥住宅を売りつけようとしている人もたくさんいるし、もっと悪い人は会社が倒産すると分かっていて、(建築費用の)頭金だけお客様からとって逃げてしまう人もいます。これは紛れもない悪意ですよ」

―先ほどの阪神・淡路大震災のお話もそうですよね。

「構造計算をしていないのに、丈夫で安心ですといっている人もいますね」

―検査をしないまま商品を出すのは、他の業界では犯罪的な行為ですよね。

「でも、木造建築に限っては日本の法律では犯罪といわれません。だから、一般の人たちが知恵をしっかり持っていないと、騙されてしまうんです」

インタビュー後編配信中!

【関連記事】  元記事はこちら
ずっと住み続けられる家を造るためのイロハ
マイホーム購入の前に、住宅ローンの勉強を
ふつうの家庭から、ハーバードに合格させた母の子育てとは?
後悔しない40代を送るための3つの方法

【新刊JP注目コンテンツ】
ドクター苫米地の人生お悩み相談(音声メッセージも配信しています)
良い家を造るための秘訣をお教えします!