現行機種『Xperia SO-01B』のOSバージョンアップはAndroid 2.1まで ドコモ発表会で説明員が認める

写真拡大




NTTドコモは2月24日、2011年春モデルとしてAndroidスマートフォン『Xperia arc SO-01C』を3月24日に発売することを発表しました。この発表会のタッチ&トライコーナーで説明員への取材により、現行機種『Xperia SO-01B』のAndroid 2.2へのバージョンアップは行われないことが明らかになりました。

Android 1.6搭載で昨年4月に発売され、その後11月にAndroid 2.1へのアップデート、2011年1月にはマルチタッチ対応のアップデートが実施された『Xperia SO-01B』。新機種の『Xperia arc SO-01C』がAndroid 2.3搭載で発売されることもあり、現行機種は2.2へのバージョンアップが行われる可能性が考えられましたが、説明員は筆者の質問に「今のスペックでは難しい」と答え、2.2へバージョンアップしないことを認めました。

現行機種はサイトから削除されている
ドコモのウェブサイトでは、既に24日から現行製品『Xperia SO-01B』のページが削除されています。1月28日に開催された同社の2010年第3四半期決算発表では販売台数が60万台を超えたと発表され、同社のスマートフォン販売をけん引してきた『Xperia SO-01B』。新機種の発表による陳腐化は避けられないとはいえ、2.2へのバージョンアップを期待していたユーザーには残念な結果と言えそうです。

画像:NTTドコモウェブサイトより引用



■関連記事
Android 2.2だからといって『Flash Player 10.1』が動くわけではない
ドコモが2011年春モデルとしてAndroidスマートフォン『MEDIAS N-04C』『Xperia arc SO-01C』とタブレット『Optimus Pad L-06C』を発表
NTTドコモのAndroidスマートフォン『Xperia』のマルチタッチ対応バージョンアップが1月19日から開始へ
NTTドコモのスマートフォン『Xperia』のAndroid 2.1へのアップデートは11月10日に
MADまで登場! OSをアップデートしない『IS01』に総統閣下がお怒りのようです