飲み会を無難に断る方法
忘年会、新年会シーズンも一段落したと思ったら、歓送迎会、年度末忘年会のシーズンがひたひたと近寄りつつある今日このごろ。飲み会フリークにはたまらないかもしれませんが、飲み会が苦手な人も案外多いものです。職場内での良好な人間関係を保つために、無難にスルーしたい方々からの質問も、教えて!gooのQ&Aで多く見受けられます。

人間関係が濃い地方都市での、飲み会の断り方

飲み会の上手な断り方は?

お酒の席のうまい断り方を教えて下さい!!

お酒は好きだけど大勢での飲み会が苦手なssssdvfvvvさん、やはりお酒は好きだが、よく誘われるので先立つものが足りなくなってしまっているnoname#18301さん、先輩からのお酒の誘いをかわしたいmyaumyauさん。そんな悩みに対するお答えから「スマートに飲み会を断る方法」のいくつかのパターンをひもといてみましょう。

■「嘘も方便」のことわざを地で行く

   「『眼科(歯医者)の予約があるので』などはいかがでしょうか? 眼科や歯医者にしたのは、内科などの場合、変な心配をされるからです」(minato_airさん)

   「・金がない。(先輩のおごりではないのであれば)
・最近酒を飲むと具合が悪くなるので、ちょっと禁酒中。
・彼女の家に行く約束をしている。友達と会う約束をしている。
・今、両親がアパートにきている。
・昨日、飲み過ぎたので今日は飲めそうもない。
・大家に呼び出しをくらっている。
・薬(花粉症とか風邪薬とか)を飲んでいるので、酒飲めない。
・ダイエット中。
以上、友達付き合いの極端に悪い友人の過去の言い訳でした」(ishidairaさん)

あえて突っ込みづらい理由にしたり、キャラ次第では「容易に嘘だと分かる嘘」も効果的かも。

   「嘘を言うよりは『今日は家でゆっくりしたい』とか『何日前に飲んだばかりなので控えたい』とか。正直に言うのもひとつの方法です(押しに負けないこと)」(myfootさん)

   「『自分は、大勢で騒いで飲むのが大嫌いなので』とハッキリ言ってしまう」(noname#98710)

嘘をつくのに後ろめたさを感じてしまい、その後の心理的負担が大きくなるのであれば、最初から正直な理由で正面突破をはかるのがベター。嘘がばれる心配も、嘘を嘘で塗り固める苦労も要りません。

■断るための理由を作ってしまう

   「趣味を作ってしまうのはどうでしょう?『スポーツクラブに行くので』とか『友達とサッカークラブをはじめたんです』とか。一番いいのは会社のスキルに役立つような『○○スクールに通うことにしました』ですけどね」(fodowakobuさん)

   「『今年は貯金する年にしたんだ、少し自粛するよ。でも飲み会は楽しいから、たまには誘ってよ』じゃダメですか?」(ylaoaltさん)

断る理由がないなら、作ってしまえばいいじゃないという、コペルニクスならぬマリー・アントワネット的転回。スキルアップのためのスケジュールなら、上司も押し切りにくいかも。角が立たない究極の断り方をお持ちの方は、ぜひコメントにて教えてください!

常山剛(Go Tsuneyama) →記事一覧

■関連Q&A
くだらない飲み会を断るウマイ口実
会社の飲み会で二次会をうまく断る方法

■関連記事
なぜ社内の人と飲まないといけないのか?
酒癖が悪いので忘年会が不安です