映画『劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜』の公開を記念し、2月25日(金)より、東京・秋葉原を中心に「マクロスFカフェ」が期間限定で誕生!/(C)2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会

写真拡大

2月26日(土)に公開される映画『劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜』。人気シリーズの完結編ということで、ファンのボルテージは高まる一方だが、2月25日(金)より、東京・秋葉原に「マクロスFカフェ」が期間限定で誕生する。シェリルやランカをイメージしたオリジナルメニューが楽しめる、ファン待望のカフェだ。

【写真】劇場版のランカをイメージしたパフェ!&限定メニュー一挙公開

2月25日(金)〜3月13日(日)の期間限定で開催される「マクロスFカフェ」は、秋葉原の「キュアメイドカフェ」、インターネットカフェ「Wonder cafe」(千葉県・茂原、茨城県・総和、埼玉県・三郷の3店舗)、男装カフェの「男装カフェ&Bar QUEEN DOLCE」(東京・秋葉原)で同時に行われるイベントだ。注目はなんと言っても、各店舗オリジナルの“マクロスメニュー”。いずれも作品の世界感を表現した逸品ばかりなのだ。

「キュアメイドカフェ」で楽しめるのは、劇場版のランカをイメージしたスイーツ「パフェは魔法☆」(600円)。イチゴヨーグルトと青リンゴゼリーの上に、メロンアイスとホイップ、カボチャプリンの「オオサンショウウオさん」を乗せた“超カラフル”な一品だ。一番上には、“キラッ☆”と星形の砂糖が散りばめられ、ファン心をくすぐるアレンジもバッチリだ。

“シェリル派”には「歌は祈命」(600円)がオススメ。燃えさかる炎の中、旗を掲げたオルレアンver.のシェリルの姿をイメージしたワッフルプレートで、チョコソース&いちごソースと一緒に食べれば、映画気分で盛り上がれること間違いなし!

ちなみに、記者一番のオススメは「オオサンショウウオさんプレート」(1000円)。オオサンショウウオさんとは、作品内でランカが使用する携帯電話なのだが、同メニューのオオサンショウウオさんの形をしたチキンピラフはかなりキュート! プレートには、ミニ中華まんや星形のニンジンやポテトが乗っていて、なにより、オオサンショウウオさんの形をしたチキンピラフについたグリンピースの“つぶらな目”がたまらない! 食べごたえも十分で、ぜひ味わってほしいメニューだ。

他にも、「キュアメイドカフェ」では、チョコシロップ×イチゴカフェオレ×ホイップ×ラズベリーソースをミックスした「ランカ・リー(ラズベリーキャンディ)」ドリンクや、ヨーグルトソーダ×イチゴアイス×ホイップの「シェリル・ノーム(白うさぎ)」ドリンクなど、オリジナルドリンクも全6種(各400円)が登場。加えて、オリジナルメニューを注文した人には、種類は選べないものの、特製コースター(シェリル、ランカの2種)がもらえたり、『劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜』のポスターが当たるクジをひけるなど、メニュー以外でも“お楽しみ”はいっぱいだ。

この「マクロスFカフェ」は、2月25日(金)〜3月13日(日)の期間限定。上記「キュアメイドカフェ」のほかに、「Wonder cafe」「男装カフェ&Bar QUEEN DOLCE」でも、それぞれオリジナルのメニューが用意されているので、この期間に全店舗&全メニュー制覇に挑戦してみては? 【東京ウォーカー】

※メニューは限定数。キャンペーン内容は諸般の事情により変更になる可能性あり。詳しくは各開催店舗で確認ください。

【関連記事】
「夏希だにゃん!」オタク女子・加藤夏希がメイド姿でアキバに登場 (東京ウォーカー(全国版))
『マクロスF』があの駄菓子のパッケージに!数々の限定コラボグッズが登場 (MovieWalker)
マクロスFからガンダムまで! 真夏の“コスプレ・イベント”開催 (東京ウォーカー)
痛チャリや痛バイクも登場!「萌え博」で聞いた“痛文化”の魅力 (東京ウォーカー(全国版))
初音ミクがお出迎え!“超アキバ系”献血ルームが誕生 (東京ウォーカー)