Android 対応「ボンバーマン」がバージョンアップして登場!『ボンバーマン道場』 おサイフケータイの新機能を利用して面白さパワーアップ!

写真拡大

株式会社ハドソンは、2011年2月24日(木)より、おサイフケータイ対応Android端末向けに、 モバイルFeliCaの新機能「Push送信機能」を使用した新たなゲームとして「ボンバーマン道場」の配信を開始した。税込価格は450 円($4.99)。

同作は、2009年10 23日より好評配信中の『ボンバーマン道場』に新機能を追加したバージョンアップ版だ。爆弾で敵を倒すアクションゲーム「ボンバーマン」シリーズの、Android 向け最新タイトルとなる。


■「ボンバーマン道場」とは?
ゲームの目的は、ボンバーマンの聖地「ボバルの塔」の頂上に登り、“名人”の称号を手に入れること。ステージ上のブロックを消して敵を倒すだけではクリアできず、爆弾の置き方や敵の倒し方などを工夫するパズル的要素もあるようだ。攻略の方法により、自分のテクニックのランクが分かる評価機能も付いている。

さらに、マップエディタ機能も搭載しており、オリジナルステージの作成が可能。そのステージをサーバーにアップロードしたり、他のプレイヤーが作ったステージをダウンロードして遊ぶこともできるなど、様々な楽しみ方ができるようだ。

■モバイルFeliCaの新機能「Push送信機能」とは?
「Push送信機能」は、おサイフケータイに搭載されているモバイル FeliCa IC チップの通信機能を活用して、おサイフケータイ対応 Android 端末から他のおサイフケータイに、最大184バイトまでのデータを送れる機能のこと。

これまでもFeliCaのリーダー/ライターからおサイフケータイに、クーポンなどの情報を Push 送信する機能はサービスとして提供されていたが、この度 Android 端末に実装された「Push送信機能」は、Android 端末そのものがリーダー/ライターとなり、おサイフケータイ同士のマークを合わせて情報を送る事ができる機能のようだ。

■新機能「Push送信機能」でパワーアップ!おサイフケータイ対応 Android端末の「Push送信機能」を利用する事で、手軽に『ボンバーマン道場』のダウンロードURLを送信したり、スタート時点からパワーアップした状態で「道場モード」がプレイできるという特典があるとのこと。

▲送信側が、『ボンバーマン道場』のタイトル画面の左上にあるオレンジのボタンを押す事で「Push 送信機能」を使うことができる。


▲受信側のおサイフケータイ対応 Android 端末にボンバーマン道場のURLを送ったり、 あらかじめボンバーマンがパワーアップした状態でアプリを起動したりできる。

©2011 HUDSON SOFT


▼外部リンク

トップ | 株式会社ハドソン


■関連記事
【斉藤アナスイの恋愛論】わかっちゃいるけど意識してしまう女の子の行動
【2ちゃんねる】女性の胸を揉む⇒逃走⇒まさかの腰痛⇒ステータス異常⇒逮捕
バンダイビジュアル、『装甲騎兵ボトムズ Case:IRVINE』など3作品のBD・DVDを発売
TVアニメ『侵略!イカ娘』第二期が決定。コラボ商品も発売予定
韓国人の泥酔姿を公開中のブログ『ブラックアウトコリア』