フルキーボード搭載のAndroid 2.2スマートフォン『GALAPAGOS SoftbBank 005SH』は2月25日発売へ

写真拡大




シャープは、ソフトバンクモバイル向けAndroidスマートフォン『GALAPAGOS SoftbBank 005SH』の納入を開始、2月25日に発売すると発表しました。OSにAndroid 2.2を採用し、フルキーボードを搭載するのが特徴。12月に発売された『003SH』と同様に3Dディスプレーを搭載し、メガネをかけずに裸眼で立体視ができます。

『GALAPAGOS SoftbBank 005SH』
QWERTYキーボードは、本体からスライドさせて使用可能。キーは押しやすい山型で、キー間隔を取ることで打ち間違いを少なくするよう配慮しています。スペースキーやENTERキーは大きく、押しやすい形状を採用。カーソルキーとセンターキーによるカーソル操作にも対応します。タッチパネルのソフトウェアキーボードは10キー入力とQWERTY入力の使い分けが可能。

約3.8インチの3Dディスプレーを搭載。2Dで撮った静止画や動画を3Dに変換する『2D→3Dコンテンツ変換機能』や、本体をスライドしながら撮影することにより3D画像を合成する機能により、3Dコンテンツを自分で作成して楽しむことができます。

OSはAndroid 2.2を搭載し、『Flash Player 10.1』に対応するため、パソコンと同様にFlashコンテンツを再生可能。ワンセグ、『おサイフケータイ』、赤外線通信、『S!メール』、デコレーションメールに対応。カメラ機能は、約800万画素のオートフォーカスカメラを搭載し、1280×720ドットのハイビジョン動画撮影にも対応します。2月に開始するシャープの電子書籍サービス『TSUTAYA GALAPAGOS』へも対応。『TSUTAYA GALAPAGOS』の詳細は、後日発表を予定しているとのこと。


『GALAPAGOS SoftbBank 005SH』主な仕様
通信方式:W-CDMA方式(国内)、W-CDMA、GSM方式(海外)
サイズ:約W62×D15.4×H122.8mm(クローズ時、突起部除く)
重量:約151g(電池パック装着時)
連続通話時間:約340分(W-CDMA)、約290分(GSM)
連続待ち受け時間:約400時間(W-CDMA)、約320時間(GSM)
連続音楽再生時間:約17時間
ワンセグ連続視聴時間:約6時間
充電時間:約190分
OS:Android 2.2
CPU:Qualcomm MSM8255 Snapdragon 1GHz
メモリー:1GB(ROM)、512MB(RAM)
ディスプレー:3.8インチ 800×480ドットワイドVGA NewモバイルASV液晶 6万5536色
カメラ:有効画素数約800万画素 CMOS
外部メモリー:microSDHC 32GB
Bluetooth:Ver.2.1+EDR/HFP、HSP、DUNP、A2DP、AVRCP、OPP、PBAP

画像:プレスリリース、シャープサイトより引用

■関連記事
ソフトバンクの3Dディスプレー搭載Androidスマートフォン『GALAPAGOS 003SH』は12月17日発売へ
シャープ製スマートフォンは『GALAPAGOS』のコンテンツ配信サービスに接続へ スマートフォン事業説明会を開催
ドコモのAndroid 2.2スマートフォン『GALAXY S』に新色セラミックホワイト発売へ
ガジェット通信はAndroid記者を募集しています
新感覚のスマートフォン用ソフトウェアキーボード『8ペン』登場!