後悔しない40代を送るための3つの方法

写真拡大

 『40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則』(大塚寿/著、ダイヤモンド社/刊)によると、会社を定年退職した人の後悔が集中するのが「40代」なのだそうです。つまり、「40代」の10年は、過ごし方を間違えると引退した後まで後悔することになる、大事な10年なのです。
 では、40代の人生を後悔のないようにするために、どんなことが必要なのでしょうか。本書のなかから象徴的なものをいくつか紹介します。

■自分にとっての優先順位をブレずに持ち続ける
 40代になると、会社では中間管理職的な立場になる人が多く、日常的に部下や上司に振り回されるという状況も生まれます。そして家庭では子供の教育や受験などのイベントが集中するのも40代の特徴。
 こうなると「自己犠牲」を強いられる場面が増えすぎて「自分の人生」という意識が希薄になり、流されるまま時が過ぎてしまう可能性があります。
 そうならないためにも、「どのような人生を送りたいか」「何を大切にして生きていきたいか」など、人生の優先順位をブレずに持ち続けることが重要です。これは優先順に「円グラフ」に描き出しておくといいそうです。

■「勝てる土俵」を自分で作って勝負する
 仕事でいえば、40代の10年は勝負する10年です。しかし、勝負するなら自分に確固たる強みがないといけません。
 「自分には人より秀でたものは何もない」と思うかもしれませんが、自分が一番になれる土俵は自分で作ってしまえばいいのです。
 40代で勝負をかけるには、20代・30代のうちから「自分は何を強みとするか」を常に意識しておく必要があります。

■一週間ごとに「仕事」と「家庭」のバランスを振り分ける
 40代といえば働き盛りで、企業にいるなら稼ぎ頭となる年代です。ついつい仕事に没頭し、家庭をなおざりにしがちにもなります。
 しかし収入がどんどん上がっていた高度経済成長期ならそれでもある程度は許容されていましたが、今はそのような時代ではありません。共働きの世帯が増えたこともあり、男性も積極的に家事や育児に参加する必要が出てきています。
 うまく仕事と家庭のバランスを取る方法の一つとして、一週間ごとに予定を見ながらそれぞれのウエイトを決めていく方法があります。

 人生のターニング・ポイントとなる40代。
 後々になって「こうしておけばよかった」と後悔しないよう、「仕事」も「家庭」も充実させていきたいものです。
(新刊JP編集部/山田洋介)


【関連記事】 元記事はこちら
バカな上司とケンカする時の心得
会話の間が持たない人のための3つの方法
「こんな学生はいらない!」採用担当者の本音
これから衰退していくであろう企業に見られる兆候

【新刊JP注目コンテンツ】
小池龍之介『坊主失格』特集ページ
『あなたがいなくても勝手に稼ぐチームの作り方』特集ページ!