角川書店の発行するアニメ雑誌「月刊ニュータイプ」が監修を務めたau携帯電話のクイズコンテンツ「アニメ王決定戦」の記者発表会が2月23日、秋葉原UDXで行われた。

 同コンテンツは、auの携帯電話を使ってアニメ関連のクイズ1000問に挑戦し、そのスコアをユーザー間で競い合うクイズ大会。2月24日からauの公式コンテンツとして、参加無料の専用サイトが開設される。

 記者発表会には、俳優の哀川翔さんとグラビアアイドルのほしのあきさんが登場。ほしのさんは、1983年から1984年にかけて日本テレビ系列で放映されたアニメ「魔法の天使クリィミーマミ」のコスプレ姿を披露。子どもの頃からクリィミーマミのファンだったというほしのさんは、念願のコスプレ姿に「このまま秋葉原の街を歩きたいくらい嬉しい」と大喜び。

 また、哀川さんは子ども時代に見ていたというアニメ「スーパージェッター」や「タイガーマスク」の思い出を披露。「アニメには教えられたものがたくさんある。20代までは本気でタイガーマスクになりたかった」とコメント。

 「月刊ニュータイプ」が監修したアニメ関連のクイズ1000問は、「サイボーグ009」「一休さん」といった往年の名作アニメから、「涼宮ハルヒの憂鬱」「けいおん!」といった近年のヒット作まで、幅広い年代・ジャンルの約200作品から出題。携帯電話のGPS機能と連動し、日本全国のアニメゆかりの"聖地"を巡る「巡礼スタンプラリー」も実施する。

 参加は無料(パケット通信料は別)で、アニメ・マンガファンにとっては見逃せないコンテンツとなりそうだ。







■ 関連記事
ディズニーリゾートは格好の“学び場”?〜『カン違いを続けなさい!』(2011年2月14日13:12)
『冬ソナ』がヒットした理由とは?〜『なぜ取り調べにはカツ丼が出るのか?』(2011年2月12日09:00)
『ブック・コーディネイター内沼晋太郎の電子書籍特集〜1回目のゲストは西田宗千佳さん』(2011年2月11日15:14)


■配信元
WEB本の雑誌