「第5回日本ケータイ小説大賞」の入賞作品が2月22日に発表され、東京都港区のホテルで表彰式が行われた。主催は日本ケータイ小説大賞実行委員会(毎日新聞社、スターツ出版)。

 日本ケータイ小説大賞は、本格的ケータイ小説作家を目指す作家の登竜門的存在。ケータイ小説がまだ世に広く知られていなかった2006年に創設され、昨年の第4回からは募集テーマを設け、17歳の高校生作家による青春小説『風にキス、君にキス。』が大賞に選ばれた。

 過去最高の9116作品の応募があった今回は、2回にわたる読者投票を勝ち抜いた15作品の中から入賞作を決定。大賞には、櫻井千姫(さくらいちひめ)さんの『天国までの49日間』が輝いた。優秀賞は、コンさんの『有明先生と瑞穂さん』、高橋あこさんの『太陽が見てるから』の2作品。特別賞は、イアムさんの『放課後図書室』が受賞。大賞の『天国までの49日間』にはTUTAYA賞も贈られた。

 審査員を務めたモデルのてんちむ氏は、いじめがテーマの大賞受賞作品について、「いじめが止まない現代、友だちや家族のキモチがよく考えられるし、苦しんでいる子たちの救いになる小説ではないかなと思いました。イケメンの榊くんとの恋愛にはきゅんきゅんしました。続きがみたいです! この世界観ハンパない!!」と評価。同じく毎日新聞東京本社学芸部編集委員・内藤麻里子氏は、「いじめをテーマにし、救済の道を見出そうとした志は高く、かなりな程度その目的を達成している。また、ファンタジー・ホラーとしてのストーリー性、小説としての完成度が非常に高い」と評した。

 大賞を受賞した『天国までの49日間』は、2月24日から全国の書店で販売されるほか、電子書籍も同時発売される。他の入賞作品も順次書籍化を予定している。







■ 関連記事
『冬ソナ』がヒットした理由とは?〜『なぜ取り調べにはカツ丼が出るのか?』(2011年2月12日09:00)
『ブック・コーディネイター内沼晋太郎の電子書籍特集〜1回目のゲストは西田宗千佳さん』(2011年2月11日15:14)
新書大賞2011決定!〜『宇宙は何でできているのか』(2011年2月11日14:52)


■配信元
WEB本の雑誌