ずっと住み続けられる家を造るためのイロハ

写真拡大

 「家を車と同じ感覚で買ってはいけない」「家は買うのではなく、建てるもの」
 こんな風に住宅購入に対し警鐘を鳴らす人がいる。木造住宅の工務店ネットワークを主宰する株式会社エヌ・シー・エヌ社長の田鎖郁男さんだ。

 この言葉は田鎖さんの“家は完成品ではない”という考えに基づいている。完成品ではないとはどういう意味なのか。
 それは、家はそこに住む人の生活によってだんだん変わっていかなければいけない。だからこそ、施工主は建築中も住み始めてからも手厚くフォローしてくれる工務店とともに家造りをするべきなのだという。要は、いい家を建てるなら「いい工務店と出会うこと」が最も重要なのである。

 しかし、工務店を選ぶといってもどのように選べばいいのか分からないのが現状だろう。そこで田鎖さんが執筆した『そうか、こうやって木の家を建てるのか。』(小学館/刊)には、家を建築する際の工務店選びの25のチェックポイントが掲載されているが、その中から3つのポイントを紹介しよう。

■ダメな工務店かどうかは、チラシで判断すべし
 もし、チラシの中に「お値段変わらず自由設計可!」「坪○○万円の自由設計」といった文句を見つけたら、この工務店は選ばない方が良い。田鎖さんは「物理的にあり得ない。設計が変われば価格も変わる。これは当然だ」と指摘した上でこんなエピソードを紹介している。

 2年前に田鎖さんに相談してきたある客は、この手のチラシに騙され、工務店と連携した不動産屋に行ってしまったという。そして、「たった今、ちょうどいい土地が手に入りました。建築費は2000万円で自由設計です。良い土地だからすぐに他に決まってしまいます。今すぐ手付け金と契約書をお願いします」という言葉を信じてしまった客は、建設費用の手付け金400万を支払ってしまう。ところがその後、工務店は倒産。現在でも係争中という。

 建てる土地や選ぶ素材など、さまざまな要因で坪単価は変わる。値段を売りにするチラシは信用しないほうがいいと田鎖さんは注意を促している。

■コンセント・スイッチボックスの高さを見よ
 田鎖さんは完成した家の中を見る際には、コンセントボックスやスイッチボックスの高さに注意することを勧めている。
 コンセントボックスは床から20センチほどのところに設置されていることが多いが、実は高さについて規定は存在しない。そのため、大工と電気工事の担当者は何も指示がなければ、彼らの設置したいところに設置してしまうことになる。
 田鎖さんはよく現場で、コンセントボックスやスイッチボックスが壁に乱雑に設置されているのを見かけることがあるという。腕の良い工務店ならばコンセント1つとっても気を配って設置場所を決める。腕の良い工務店とそうではない工務店の違うはこういった細かい部分に出てくるのである。

■「御社のこだわり、採用しなくてもいいですか?」と聞いてみる
 工務店にはそれぞれの「こだわり」を持っている。その「こだわり」は彼らの経験の蓄積に基づいて作られてきたもので、家造りについてはこと素人たる建築主はその「こだわり」と自分の感覚が合うかどうかは1つのポイントとなるだろう。

 しかし、それは「こだわり」が本気であるときのみで、その本気度を試すことは重要なチェックポイントとなる。
 本気度を試すにはこんな質問を投げかけてみよう。
 「御社の○○(こだわりの部材)、採用しなくてもいいですか?」
 例えばある特殊な「工法」を工務店が採用していたとしよう。そのとき、「すみません、予算の関係でその工法ではなく別の安い工法で建ててもらえますか?」と聞いてみるのだ。
 もし、この質問に「お安い御用です」と返ってきたら、疑ったほうが良い。「こだわり」が本気であれば、いくら施主の頼みでも断り、その信念を貫くはずだ。
 田鎖さんは「施主が望むような家をつくること」と、工務店それぞれの「こだわり」がうまく重なり合ったときに、良い家は誕生するという。もちろん、この質問するときは言い方に十分注意して欲しい。

 人間が一人ひとり違うように、家は一軒一軒異なる性質を持っている。その土地の広さや気候をはじめ、そこに住む人間ももちろん違う。同じ「家」など決して存在しない。
 良い家を造るために、施主が良いパートナーである工務店を選ぶことが大切だ。子どもや孫の代まで住むことができる家を造りたい人は『そうか、こうやって木の家を建てるのか。』を読んでみてはいかがだろう。
(新刊JP編集部/金井元貴)

【関連記事】  元記事はこちら
結婚したい女性は「自分で稼いで、ほどほどの男で手を打て」
お金を貯めることができない人に見られる“悪い習慣”
低金利の今は家を買うチャンス?
現代の若者たちはデートをしなくなった?

【新刊JP注目コンテンツ】
そうか、こうやって木の家を建てるのか。「200年住宅」と工務店選びの知恵(新刊ラジオ 第1351回)
『あなたがいなくても勝手に稼ぐチームの作り方』特集ページ!