メガソフト(株)では、住宅デザインソフト「3Dマイホームデザイナー」シリーズのプレゼンテーション機能を強化し、3Dテレビへの出力機能などを追加した「3DマイホームデザイナーLS3」「3DマイホームデザイナーPRO7」のアップデータの無償公開を、2月21日(月)に開始した。

「3Dマイホームデザイナー」シリーズは、1996年の発売以来、累計55万本の出荷実績を持つ住宅デザイン用パソコンソフトで、プロの建築家や工務店から、建て主や学生まで幅広く使用される人気ソフト。平面図だけではわかりにくい住宅の外観・室内を、簡単な操作で立体化して3DCGで確認できるため、建て主が自分の住宅を検討したり、建築のプロが建て主にわかりやすくプランを提案するツールとなっている。
今回の無償アップデートは、HDMIケーブルによる3Dテレビへの立体データ出力機能を追加したもので、これにより住宅をよりリアルな立体空間として表示することが可能となった。市販されている一般的な3D対応テレビにHDMIケーブルでPCを接続すれば、大画面での3D住宅シミュレーションが行える。

なお新規購入の場合、「3DマイホームデザイナーLS3」は1万2600円(税込)、「3DマイホームデザイナーPRO7」は6万3000円(税込)。