(株)サンゲツは、来る3月8日(火)〜11日(金)の4日間、東京ビッグサイトにて開催される街づくり・流通ルネサンス/店舗総合見本市「ジャパンショップ2011」に出展、インテリアと自然の魅力を融合した商空間として、「インドアグリーンとインテリア」を提案する。
現在、公共施設や店舗などさまざまな施設において、インテリアデザインにグリーンを取り込むケースが増えている。こうした流れを捉えて同社では、自然の「グリーン」と「インテリア」の融合に着目し、壁装材、各種床材、ファブリックなどトータルで取扱うインテリア商材を用いて「グリーンと共にあるインテリア」を実現する商空間を演出、提案する。さらにオリジナルのインクジェットプリントやファブリックにレーザーカットなどの特殊な技法を用いることで、木漏れ日のような調光を演出するなど、商空間のオリジナリティをさらに際立せる展示を行う。ブースナンバーは東4・5ホールJS4018。展示規模は108平米。