劇場アニメ「ももへの手紙」公開決定
株式会社プロダクション・アイジーが本編制作を手がける劇場用長編アニメーション「ももへの手紙」の全国公開が2012年に決定したことが発表となった。
「ももへの手紙」は、2000年に「人狼 JIN-ROH」で監督を務め注目を集めた沖浦啓之の最新作となり、企画から7年におよぶ歳月をかけて作り上げられた大作アニメーション作品となる。作画監督には安藤雅司(『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』作画監督)、またメインアニメーターとして井上俊之(『AKIRA』)、井上 鋭(『猫の恩返し』)、本田 雄(『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』)、西尾鉄也(『イノセンス』)、青山浩行(『サマーウォーズ』)、そして美術監督には大野広司(『魔女の宅急便』)等、名だたる実力派スタッフも集結している。

●ストーリー:
“ももへ”その一言だけを手紙に遺して、亡くなったお父さん。
お母さんとふたり、東京から瀬戸内海の田舎に引っ越してきた少女もも。
辿り着いた汐島は、昔ながらの家々と自然に囲まれたどこか幻想的な町。
なじめない新しい生活に、ぽっかり穴の開いたももの心。「お父さん、本当はなんて書きたかったの・・・?」ある日ももは、屋根裏で一冊の古めかしい本を見つける。
その日から、ももの周りで不思議なことが起こり始めるのだった――。
“大切な人に本当に大事なことを伝えられていますか?”人と人との繋がりが少しずつ希薄になっていく現代に生まれた、心うるおす感動アニメーション大作。

劇場アニメ「ももへの手紙」
c2011『ももへの手紙』製作委員会 助成: 文化芸術振興費補助金


■関連記事
「もしドラ」、発行222万部突破&アニメ放送スタート記念の公開イベント開催
ガンホー新作「トイ・ウォーズ」、オープンβテスト3月2日に決定
劇場版マクロスF公開記念、ミシェル機プラモがファミマ限定で販売
【おた日和】そろそろ…
【新作アニメ捜査網】チバ重役枠と『フリージング』アニメ化の意義