難しすぎるゲーム『キャサリン』にメーカーが異例の対応! 超イージーモードを用意か

写真拡大

プレイヤーたちから「もう一度遊びたいと思う気持ちをへし折る」や「これクリアできる人いるの?」、「こんな難易度で大丈夫か?」などの声があがっていたアダルティーなゲーム『キャサリン』。Xbox360とプレイステーション3で発売され、前評判が非常に良かったゲームだが、実際にプレイしてみると非常に難易度の高いゲームだったようだ。

そんな「難しすぎる!」というプレイヤーのために、発売元のインデックス社(アトラス)がもっと簡単にプレイできるパッチ(追加データ)を準備中だという。インターネット経由でパッチを導入することにより、イージーモードよりも簡単にプレイできる要素が加わるわけだ。つまり超イージーモードのようなもの?

詳細はわかっていないが、『キャサリン』の公式ブログに開発者から「もっと楽にプレイ出来るようなデータ配信(パッチ等)を準備中です!」と告知があったので、もっと簡単にプレイができる要素がプラスされるのは事実のようだ。その告知文は以下の通りだ。

・どうしても難しい方へ
こんにちは。ディレクターの橋野です。先日、ようやく皆さんにお届けできた「キャサリン」ですが、予想以上にたくさんの方にお買い上げ頂きありがとうございます! 今は「とにかくゲームバランスが難しすぎる」という感想が多いようで、中には「イージーでも難しい!」や、「物語が見たいのにクリアできない!」という声も寄せられています。悪夢パートでは、悪夢のスリルやクリアの達成感を味わっていただけるように、と調整したのですが、スタッフ全員がゲームに慣れすぎてしまっていたのかもしれません…。そこで、現在、開発では、もっと楽にプレイ出来るようなデータ配信(パッチ等)を準備中です!!!! 詳細は別途お知らせがあると思いますが、出来るだけ早い時期に無料でお届けしたいと思います。…更に! 本来の難易度でも、昔懐かしいあの頃のゲームのように、攻略法をすこしずつ身につけながら、何度もチャレンジして、ステージを乗り切った時の爽快感をあじわって頂きたいので、公式HPでは間もなく、イージーモード限定で、各ステージ終盤までの「アドバイス」ページが公開されます! 難所をピックアップしながら紹介していく予定ですので、どうしても詰まってしまった方は、参考にしてみてくださいね! それでは!(引用ここまで)

・『キャサリン』の難易度に対するレビュー書き込み
「ライトゲーマーの為にもう少し救済措置を」
「easyでも難しすぎます」
「パズルが難しくて再チャレンジする気力が萎えがち」
「確かに難易度は高いです。しかし鬼畜と言うほどではないかと」
「難しい面をクリアした時の達成感はかなりのものです」
「確かに心が折れそうになるぐらい難しい」
「パズルの難易度が結構難しい」
「メインとなるパズルステージ…鬼ムズです…」
「他のレビューにもあるとおり難易度が鬼畜です」
「これクリア出来る人いるの?」
「難易度は高いですがストーリーやキャラがとっても魅力的でした」

これで、今まで難しいと感じていた人も楽しくプレイすることができるようになりそうだ。「こんな難しいゲーム中古ショップに売っちまえ!」と思っている人も、もう少しだけでいいので、パッチが出るのを待ったほうがいいかもしれない。売るかどうかを判断するのはそれからでも遅くはない? 1円でも高く売りたいという人は別だと思うが……。

ちなみに、難易度に対して酷評されている『キャサリン』だが、パズル自体の楽しさやストーリー、描写、世界観、キャラクターの魅力に対しては絶賛されており、非常に秀逸なゲームであることがわかる。ゲーム好きならプレイして損はないゲームといえるだろう。

参照元: キャサリン公式ブログ