スバルが「お相撲さんが登場する自動車コマーシャル」を放送

写真拡大

自動車メーカー・スバルがカナダで放送している『フォレスター』(自動車)のテレビコマーシャルにお相撲さんが登場し、インターネット上で物議を醸しています。スバルは日本企業なのでお相撲さんを登場させたのは理解できますが、とにかくコマーシャルに登場しているお相撲さんがヤバイのです。

なんと言いますか、その……。ハッキリ言ってしまえば、ちょっとキモい。いや、かなりキモい? お相撲さんが女性のようにセクシーなポーズをとっていたり、セクシーに水を浴びたりしているのです。恍惚としたお相撲さんの表情も、かなり危険なカオリがします。

自動車に関する情報を掲載しているサイト『レスポンス自動車ニュース』の記者はこのテレビコマーシャルに対して「こんな相撲はあり得ない!!」や「八百長問題で激震が走る相撲界だけに、今の日本ではあり得ないこのCM」とコメントしています。

確かに衝撃的であり、日本ではあり得ないテレビコマーシャルですね。でも、あり得ないことが起こるのが日本の相撲界。このテレビコマーシャルからは日本車の力強さや信頼感・安心感が伝わってくるものになっていますが、その信頼感に八百長がないことを願いたいものです。

画像: YouTube

■関連記事
あまりにも狭い部屋で踊る素人美人がネットで人気爆発!
『エルシャダイ』に対するAmazonユーザーの反応「よくわからないから体験版が欲しい」
『FINAL FANTASY 零式』の「零式」は「ゼロシキ」ではなく「レイシキ」
ネットユーザーが選ぶ「時間返せって言いたくなった映画」とは?
次世代プレイステーション・ポータブル『NGP』いくらなら買う? 2000人アンケート