(画像:amazon.co.jp)
第7話「夏至祭に神託はくだされる」 TVアニメ「ゴシック」第7話が放送された。

灰色狼の村に辿り着いた一也とヴィクトリカ。村の人々は、コルデリア・ギャロというメイドが前の村長を殺したという事件を語る。村を追放された母・コルデリアに代わり、ヴィクトリカは無実を晴らそうと、一弥とともに彼女の住んでいた家へと向かう。

お風呂に入れると聞いた時、ヴィクトリカは少女のような表情を見せました。彼女の入浴シーンは貴重かも知れません。

「我は咎人にあらず」
 
コルデリアが残した手がかりは、この一つ。ヴィクトリカは、真実に辿りつく事ができるのでしょうか。そして、夏至祭で起こった事件の真相は…!?
 
(C)2011 桜庭一樹・武田日向・角川書店/GOSICK製作委員会

▼外部リンク
GOSICK-ゴシック-
【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray]


■関連記事
(ネタバレ注意)「兄好」第7話、AGE探検隊の物語
HOTなワード「ユニクルックス」モデルになるのはあなたです!
【懐かしいゲーム特集】「チャンピオンシップロードランナー」(ファミコン版)
「けいおん!」さいたまスーパーアリーナライブ、開催前夜から行列
PS3・Xbox360「キャサリン」が難しくて、挫折するユーザー多数!?