文章力がなくても面白いブログ記事を書く秘けつ

写真拡大




今回はかん吉さんのブログ『わかったブログ』からご寄稿いただきました。

文章力がなくても面白いブログ記事を書く秘けつ
人気ブロガーになるためには、“文章力”が必要だと考える人は多いと思います。本屋さんに行けば“人に伝わる文章の書き方”のようなタイトルの本が、たくさん売っています。

面白いブログ記事を書くために、一般的な文章力は必要ないと考えています。ブログにはブログなりのコツがあります。

なぜ、文章力は必要ないのか?
まずはこの文章を読んでみてください。

* * * * *
こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
* * * * *

よく見ると、文章がぐちゃぐちゃですよね。文章が多少おかしくても、人間は自分で修正して読めてしまうのです。

ネットでは、文章を最初から最後まで隅々まで読むというよりは、眺めるような感じでページを閲覧しています。一般的な“文章力”で、うまい言い回しを駆使しても、そこまで読まれていないというのが実情です。しっかりとした文章の構造を考えることの方が最優先です。

最強のブログ文章術は“分割”すること
最初から最後まで一気に説明しないで、話を分割すると、読み手が理解しやすくなります。多少の抜け落ちはかまいません。 “3個のポイント”のように、記事タイトルに数字を入れると、読者をひきつけやすいことは良く知られています。これも“分割”を利用したテクニックです。分割することで、文章の構造がわかりやすくなります。いわゆる“論理的”になるのです。

例えば、休日に釣りに行ったことを、ブログに書くとします。その日の様子を時間順に説明していくと、ただの日記になってしまいます。

それはそれでも良いとは思いますが、“分割”のテクニックを利用して、“釣り”を
・タックル(さお&リール)
・仕掛け
・戦術
・結果
に分割します。これらを小見出しにして、文章を書いていけば、筋の通った文章のできあがりです。

キャッチーなタイトルでひきつける
もう一つ重要なのが、“記事のタイトル”です。ご自分の行動を振り返ってもらえばわかると思いますが、人はタイトルを見て読む記事を選んでいます。 いくら面白くても、読んでもらわないことには意味がありません。記事タイトルは記事の内容を書くのと同じくらいのパワーを使って考えるべきです。

また、人々は“記事タイトル”を補助線にして、ブログ記事を読んでいます。タイトルの内容を探しながら、文章を追っているのです。多少雑な文章でも、的を射たタイトルがガイド役となって、文章がわかりやすくなります。

キャッチーなタイトルをつけるためには、本文を一通り書いて、読み直して“読者にとって、一番有益な情報は何か?”を考えると、良いアイデアが出てくると思います。“自分が一番伝えたいこと”とは違うのでご注意を!(詳しくは「“Twitter”時代に注目される、ブログ記事タイトル9つのルール」を参照してください)

自分ではなかなか良いタイトルが考えられないという方は、『ホッテントリメーカー』を使ってみてください。キーワードを入力すると、キャッチーなタイトルを自動生成してくれます。お勧めです。

公開前に“声に出して読む”
文書は雑でもよいと書きましたが、文章の体裁はできるだけ整えたいですよね。ブログ記事を公開する前に、声に出して文書を読んでみましょう。 おかしな接続や、変な言い回しは、声に出したほうが不思議と発見できます。ぜひお試しください。

最終的には“ネタ”に行き着く
“コンテンツの分割”と、“キャッチーなタイトル”の二つを意識できれば、誰でも“読んでもらえる記事”を書くことができます。となると、差がつく部分は“ネタ”そのものになります。 日ごろから色々なことに興味をもって、有意義に過ごすことが、面白い記事のベースになるのです。毎日の仕事、食事、風景から、ネタを引き出しましょう。見聞きすることがすべてブログネタに感じられるようになれば、しめたものです。

分割する=フレームワークを生み出す
フレームワークとは“思考の枠組み”という意味です。“法則化”“仕組み化”とも言えます。例えば、ダイエットのフレームワークは“消費カロリーを増やし、摂取カロリーを減らす”となります。 物事を分割して説明するということは、“フレームワーク”を作ることと、ほぼ同じです。前述の釣りの話も、しっかり研究すれば“誰でも爆釣する方法”というフレームワークに落としめそうです。

“フレームワーク”を提案するブログ・記事は、自然とおもしろい記事になります。人気があるブログは“新しいフレームワーク”を提案している記事が多いです。

そんなに難しい話ではありません。誰でも日ごろの気づきから、自分なりの法則を生み出しているはずです。それを上手くブログで公開できれば、ブログのレイヤーは確実に上がっていくでしょう。

執筆: この記事はかん吉さんのブログ『わかったブログ』からご寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

■最近の注目記事
CDMA版『iPhone 4』がauからでないと考える理由
続・年金税方式の主張
ペニーオークションで確実に落札できる方法!!!!!
なぜ日本のネット空間は“2ちゃんねる的”なのか
SEO終了のお知らせ