Google先生『ハッピーセット 不登校』

写真拡大

(画像:Googleより)

マクドナルドで販売されているセットメニューであるハッピーセット。ハンバーガーなどをメインにサイドメニューやドリンク、さらにはオマケのオモチャが付くなど子供だけでなく大きなお友達にも好評の商品である。

大手検索サービス・Googoleで『ハッピーセット』と入力、さらに半角スペースを追加すると表示される予測変換ワードの数々がちょっと不可解だという声がネット上から飛び出しているようだ。上記の画像にもあるように表示される予測変換には以下のようなものが並んでいる。

ハッピーセット
ハッピーセット 不登校
ハッピーセット 価格
ハッピーセット cmスポンジボブ
ハッピーセット サスケ
ハッピーセット ポケモン
ハッピーセット スポンジボブ cm
ハッピーセット cm
ハッピーセット bot
ハッピーセット マジキチ
ハッピーセット 登校拒否

価格や、cm、ポケモンなどの単語は妥当だが、問題として挙げられているのは恐らく登校拒否やマジキチといったキーワードではないだろうか。ハッピーセットと、どんな関係があるのか、普段からネットを巡回している人ならピンッと来た方も多いのではないだろうか。

『ハッピーセット マジキチ』というのは最近、オンエアされた同商品のテレビCMの内容を端的に表したものであり、子供たちの異常なテンションが話題になったことでも記憶に新しいところである。残るキーワードは『ハッピーセット 不登校』。これは前述のテレビCMの影響で、出演していた子供が学校でイジメに遭っているというウワサが発端となっているようである。もちろんウワサであり、実際にイジメに遭っているかどうかは定かではない。

確かに子役などはテレビやドラマに出演していると同級生から、からかわれることもあるそうだが、あれだけのバイタリティを発揮する彼なら元気に登校しているのではないかと思えてしまう。



■関連記事
シャープからけいおん!!やエヴァなど人気タイトルを起用した『コラボ電卓』
【2ちゃんねる】新宿・通り魔犯行予告 兄、逃げ出した後
【ニコニコ動画】ニューアルバムをリリースした「ELISA」がニコ生で驚きのエピソードを明らかに!
本日18日(金)より配信。バンダイチャンネル、『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の最新話 “episode 3 「ラプラスの亡霊」”
バンダイ「大人の超合金 小惑星探査機はやぶさ」を発売