最も合理的な借金返済の方法

写真拡大

 生きていく上でお金は欠かせないものです。収支と支出のバランスや、計画的なお金の使い方をしっかり考えないと、お金が貯まらないばかりか、トラブルにつながる可能性もあります。
 「なるべくなら借金をしないで生活したい」と誰もが考えると思いますが、お金を車や住宅など高額な買い物の場合は一括払いが難しく、ローンを組んで購入することもあるでしょう。金額、金利、返済期間などはローンによって異なるので、複数の借金がある時はどのように優先順位をつけて返済していくべきなのでしょうか。
 まずは下記の問題を考えてみてください。

【問題】
あなたは今、以下の4つの借金を背負っています。手元に10万円あった場合、どこに返済する?

1、3000万円、金利2.5%の住宅ローン
2、300万円、金利4%の自動車ローン
3、100万円、金利10%のショッピングローン
4、50万円、金利18%のカードローン



【正解】4 カードローンの返済です。

 理由は「一番金額が少ないから」ではなく「一番金利が高いから」です。10万円を返済することによって得られる返済効果は金利に比例するので、18%のカードローンを返済することは一番節約効果が得られるのです。
 借金が複数ある時は金利の高いローンから返済に取り組み、徐々にローンを減らしていくようにしましょう。
 『お金と上手につきあえるようになる! お金の教科書』(泉正人/著 ダイヤモンド社/刊)は、お金の管理の仕方、自己破産のリスク、税金・年金・保険など、お金に関わる基礎知識を一通り身につけることができる一冊です。
 働いているだけで給料が自動的に上がっていく時代ではありません。自分のお金を自分で守るために、金銭管理の知識は身につけて損はありません。
(新刊JP編集部 川口絵里子)

【関連記事】 元記事はこちら
お金が貯まらない5つの理由
意味わかる?「ヤクザ語」の数々
貯蓄に家計簿は必要ない 誰でも続けられる簡単貯蓄法
なぜイケメン・美女ばかりがモテるのか?

【新刊JP注目コンテンツ】
小池龍之介『坊主失格』特集ページ
『あなたがいなくても勝手に稼ぐチームの作り方』特集ページ!