韓国の子どもたち、通学カバンはカートの時代?

写真拡大

小学生の通学カバンといえばランドセルだが、韓国では布製のリュックが定番となっている。3月からの新学期を前に、ソウル龍山(ヨンサン)のショッピングセンター「イーマート」では、リュックタイプではなく引いて歩けるキャリーカーが評判を呼んでいるという。価格は1個、1万5000ウォン〜3万9000ウォン(約1120円〜2900円)と手ごろだ。


参照:「通学カバン背負わずに引きます」 - ヘラルドニュース
参照:きみの通学かばんは何?ぼくは引く! - ニューシス

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。