タチカワ パネル式可動間仕切りに新タイプ2機種が登場

写真拡大

立川ブラインド工業(株)では、可動間仕切りの新たなラインアップとして、折戸+引戸仕様を中心とする「パネル間仕切プレイス」にスライドパネル仕様、木質系デザイン「アズウッド」にペアパネルタイプVSを追加し、3月1日(月)に新発売する。
「パネル間仕切 プレイス」スライドパネル仕様は、大型の開口部を仕切ることが可能で、かつすっきりと格納できるのが特徴。また天井面に荷重のかかる上吊式(ノンレールタイプ)のため、下レールがなく床の広がりを保ちながら生活シーンを仕切ることができる。スタイリッシュなアルミフレームと採光窓を取り入れたパネルデザインで、住宅から店舗、オフィスまで幅広い用途に提案できる。
一方の「アズウッド」ペアパネルタイプVSは、リーズナブル価格で安全性に配慮した間仕切りとなっている。パネルの折れ部分は指をはさみにくい構造とし、さらに下レールは床に両面テープで設置するだけのフラットガイドレールを採用、バリアフリー対応とした。
なお同社の間仕切り製品はF☆☆☆☆である。