AKB48と大相撲の意外な共通点

写真拡大

 みなさんの中で一世を風靡したアイドルと言えば誰でしょうか?
 世代によって「おニャン子クラブ」であったり「モーニング娘。」であったり様々でしょうが、最近のアイドルといえば、やはり「AKB48」でしょう。数多いるアイドルグループの中で一人勝ち状態といっても過言ではありません。その成功の秘訣は何なのでしょうか。

 『AKB48の経済学』(田中秀臣/著、朝日新聞出版/刊)ではAKB48の成功の秘密に迫りながら、そのビジネスモデルを検証しています。

 本書によると、「AKB48」のシステムは相撲界と非常によく似ているそうです。
 まず前提知識として、AKB48のメンバーは、それぞれ所属事務所が違います。個々人の芸能活動は各事務所がマネジメントを行っています。また、秋葉原での公演やAKB全体としての活動は、AKSという団体が統括しています。

 相撲においても、力士たちは各相撲部屋に所属しているので、マネジメントは部屋が行っています。しかし巡業があるときは、日本相撲協会が統括しています。
 つまり、「AKB48全体の活動=本場所・巡業」で、「メンバー個人の活動=相撲部屋での活動」ということです。
 
 そして、AKBの「総選挙」という旧来のアイドルにはなかった順位付けのシステムは、いわば相撲における「番付」です。関係者の感覚で順位が決まるわけではなく、誰が見ても一目瞭然の公平なシステムです。

 さらに、共通点として「入り口の透明性」があります。一般的に「アイドルのなり方」とは、よくわからないものですが、AKBは「公開オーディション」により選ばれます。相撲でいえば、「新弟子検査」というわかりやすい入り口です。相撲では地方巡業でファンが力士に会いに行けるという機会を多く作っています。AKBのコンセプト「会いに行ける」と同じです。

 「AKB48」人気は綿密に計算されたビジネスモデルで成り立っているのですね。日本経済を勉強してみると、アイドルの違った一面がわかるかもしれません。
読む新刊ラジオ:本書をダイジェストにしてラジオ形式で配信中!

【関連記事】  元記事はこちら
“AKB48”にハマる地中海の青年、“エヴァ”を観るため氷点下でも並ぶロシア人
AKB48のメンバーが『もしドラ』を読んだら・・・?
オーディオブックでも1位、『もしドラ』“2冠”
「『もしドラ』ヒットの要因は人々がドラッカーを求めていたから」

【新刊JP注目コンテンツ】
美月 あきこ 『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣 コミュニケーション編』 特集ページ!
『あなたがいなくても勝手に稼ぐチームの作り方』特集ページ!