【ニコニコ動画】生放送がピュアな紳士の社交場に! 『ゲームのじかん』第30回

写真拡大

2月10日、ゲーム専門番組『ゲームのじかん』の第30回が放送された。

同番組は、毎週木曜日の21時よりニコニコ生放送で視聴できる。スタジオで出演者が実際にゲームを遊んでいる様子を見て、コメントでツッコミを入れながらゲームの面白さを楽しく知ることができる。

通常のゲーム番組では1本の紹介が数分で終わってしまうところ、本番組では数十分に渡ってじっくりと紹介されるのも魅力のひとつ。今回は、D3パブリッシャーの『ドリームクラブZERO』が取り上げられた。



司会は『1999年のゲームキッズ』などの著作で知られる作家の渡辺浩弐氏。アシスタントとして、モデルの佐藤かよ(かよぽりす)さん、タレントの渚さんといったゲーム好きを起用している。本日は原宿のニコニコ本社へとスタジオ移転して初の収録。ちなみに渚さんは間違って先週もここに来てしまったらしい。


『ドリームクラブZERO』は、1月27日に発売されたXbox 360向けの恋愛シミュレーションゲーム。前作『ドリームクラブ』の続編で、前作の5ヵ月前という設定だ。

ピュアな心の持ち主である男性だけが入会できる「ドリームクラブ」を舞台に、そこで働くホストガールと仲良くなっていき、ハッピーエンドを迎えるのが目的だ。

渡辺さんは『ドリームクラブ』のファンであるらしく、表情を変えずに「好きですよ」「上品に紳士でいきましょう」とコメント。合計13人いるホストガールの中では、未来から来たという設定の「ノノノ」がお気に入りだとか。

「ドリームクラブ」の受付さんの人気にも触れるなど、なかなか詳しいようだ。



D3パブリッシャーからは、ドリームエックスクリエイト代表(右、以下代表)と開店準備スタッフ(左)が出演。怪しい風貌に対して、かよぽりすさんは「何か悪いことされたんですか?」「花粉症なんですか?」と天然ボケを連発。

運営コメントの「ごめんなさいね、かわいそうな子で」というフォローには「↑wwwww」という視聴者のコメントが飛んでいた(16分頃)。


代表は「ドリームクラブ」で働く女性の名称について、「『ドリームガール』などの候補があったものの、最終的に『ホストガール』になった」という裏話を披露。かよぽりすさんが「風営法的にはどういう許可を取ったんですか」とすごいツッコミを飛ばして、スタジオが焦るというハプニング(?)も起った(19分45秒頃〜)。



デモプレイでは、渡辺さんは「ノノノ」を指名。ホストガールとお酒を楽しむ「IIS(インタラクティブ飲酒システム)」、ホストガールと会話する「ETS(エモーショナルトークシステム)」、飲み比べ対決の「アゲアゲ合戦」といった独自のゲームシステムについて解説。


おつまみとしてバナナをオーダーするときに「バナナはおやつに入りますか?」をいい間違えて「バナナはあそこに入りますか?」と発言。コメントが「wwww」で埋まり、運営コメントには「だいじょうぶなのか」と心配される一幕も(29分頃)。


今回はホストガールの「ノノノ」が飲み過ぎてしまい、あえなく時間終了に。料金の「2万5700円」が高いと驚いたかよぽりすさんに対し、代表は「ドリームクラブは良心的な値段」と言い張り、「銀座のキャバクラに行ったことないでしょ」とぶっちゃけた発言で切り返す。



バナナを「あーん」するミニゲームのシーン。かよぽりすさんは「何これ」「こういうゲームなんですか?」と若干引き気味。しかし渡辺さんは「釣りゲームと同じ要領で」「穴に入れたくなるでしょ」「ソフトクリームとかもあるんですよ」と冷静にコメント。


続いては渡辺さんの「自分の趣味は関係ないんですけど、3D技術力を見たい」とのリクエストで巨乳キャラの「るい」さんを指名。


渡辺さんが主人公の台詞を全て音読し、「フルボイスktkr」と視聴者が盛り上がるも、運営コメントでは「キツイキツイキツイ」と素のツッコミが。

「るい」さんが好きな食べ物だという「チーズ」に、なぜか渡辺さんと代表が「イヤらしいね」と過剰反応する場面も(53分頃)。

本作には一回1万円でグッズが入手できる「ドリガチャ」も遊べる。今回は所持金が2万9300円しかないのに思い切って挑戦したが、当たったのは「ドリームクラブポケットティッシュ」。視聴者からは「1万円のティッシュwwwww」ときついツッコミが(46分頃)。



「ドリームクラブ」に入店するためのピュアな心があることを示すために、何故か芸人・楽しんごのギャグ「ラブ注入」を披露した渡辺さん。貴重なショットだ。



ゲーム内では、メールアドレスを交換して、ホストガールとメールでのやりとりができる。ホストガールからのメールに返信したり、お店からのメールでホストガールのお休みの日を把握したりできるだが、かよぽりすさんは「私、こういう迷惑メールが来ますよ」と発言し代表を呆れさせる。


今回は放送中に、何と地震が発生する事態も(1時間4分頃〜)。視聴者の「揺れた」「地震だ」というコメントに気付き、驚きながらもそのまま放送を続ける一同。思わぬハプニングだ。


渚さんとかよぽりすさんが「カラオケモード」で対決。ホストガールが酔っぱらっていると、音痴になってしまうなど細かい演出も見られる。対決の結果はかよぽりすさんの勝利!


今回の放送ではとにかく司会の渡辺さんが大暴走。「こういうゲームがやらしいと思う人は心が汚れている」と熱弁したり、ゲームのデモプレイ中に下ネタをさらっと飛ばしたり。「ちょっと厳しいらしいよ、D3パブリッシャー」というピュア過ぎる代表のコメントに対し、「昔、D3の株式を1000万円ぐらい購入したことがある」という爆弾発言も聞かれた(1時間23分30秒頃)。

いつもは発言の天然さで一番目立つかよぽりすさんも、「今日ほど黙っていた方がいいなと思ったことはなかったです」と呆れるなど、司会陣のテンションの差が目立つ回となった。「テレビではできないけど、生放送だったらこういう間もありだね」と渡辺さんが語る、このゆるい雰囲気が同番組の魅力といえるだろう。気になった人はぜひタイムシフトでチェックしてみよう。



ホストガール「アイリ」のソフビを披露する会長、何故か無駄に逆立ちさせる。「一緒に風呂に入っても大丈夫」「一緒に寝れる」とよくわからないアピール。


本日のクイズプレゼントは『ドリームクラブZERO』のポスター。さらに『ドリームクラブZERO』のソフト、作中に登場するホストガールの名刺カード全13人分が1セットで提供された(1時間37分20秒頃)。


今週のメールテーマは『シナリオに惹かれたゲーム』。視聴者から『LIVE A LIVE』『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』『To Heart』『天外魔境II 卍MARU』の思い出メールが届いた。帰国子女だという渡辺さんは「エムブレム」「シミュレーション」の発音を細かく指摘。


「レトロゲームちゃれんじ!」と題したなつゲーのコーナーではコナミの『グラディウス』を取り上げる……予定だったのだが、『ドリームクラブZERO』の紹介時間が長くなり過ぎたため、中止になりそうなので必死にアピールする渚さん。しかし、アピールもむなしくクイズコーナーに突入してしまった。


来場者数は約32,000人、コメント数も約68,000件と今回も大いに盛り上がった。


▼外部リンク

ゲームのじかん 第30回〜ピュア五十年〜放送ページ

■関連記事
【2ちゃんねる】中国で爆発。お次は洗面台
iPhone/iPod touch桃太郎電鉄 JAPAN+(プラス)」本日17日より配信
「マクロスF」ランカ・リーのキャラクターブックが2月20日に発売!
ガンダムの実現化がマニフェスト入り?
PSP/3DS 真の強さを知るRPG『アンチェインブレイズ レクス』