Androidタブレット『DELL Streak』のイベント開催 動画サイトで話題のWORLD ORDERと“赤い”須藤元気が登場

写真拡大




デルはソフトバンクモバイルから昨年12月21日に発売したAndroidタブレット『DELL Streak SoftBank 001DL』のプロモーションキャンペーン『Streak Man Project』を2月16日から開始。同キャンペーンのキックオフライブを東京ミッドタウンで開催しました。製品のメインカラーである赤を身にまとった男たち『Streak Man』がビジネスマンを応援し、日本を元気にするというキャンペーン内容に合わせて、この日は元格闘家の須藤元気氏率いるWORLD ORDERが赤く顔を塗って出演。『YouTube』で話題となっている『WORLD ORDER』のライブパフォーマンスを披露しました。

※すべての画像が表示されない場合はこちらをご覧ください

『DELL Streak SoftBank 001DL』は、5インチのタッチパネル液晶、OSにAndroid 2.2を搭載するタブレット端末。同製品を使って時間の余裕と情熱を取り戻し、秘められた能力が覚醒したビジネスマンという設定の“Streak Man”が都内に出没し、同製品のリーフレットを配布します。また、渋谷、原宿、表参道の10か所のカフェやレストランでは、2月28日までタッチ&トライイベントを開催中。『facebook』のDELLファンページ( http://www.facebook.com/DellJapan )でキャンペーンの最新情報を公開しています。

WORLD ORDERのライブパフォーマンスでイベントは幕開け
須藤氏が率いるスーツ姿の7人組ダンスパフォーマンスユニット、WORLD ORDERはこの日、顔を赤く塗った“Streak Man”バージョンで登場。片手に『DELL Streak』を持ちながら、『WORLD ORDER』に合わせて彼ら独特のスローモーションのようなロボットダンスをライブで実演しました。

Streak Manも参加
須藤元気氏
楽曲の途中からは“Streak Man”もステージに上がり、大人数での群舞を披露。イベントを見学する一般客から大きな拍手を浴びていました。

ライブパフォーマンスが終了し、感想を聞かれた須藤氏は「緊張しました。赤くメイクをしたが赤面を隠せなかった」とコメントしながら、ロボットの動きは保ったまま。さすが選手時代、総合格闘技イベント『HERO'S』や『Dynamite!』で入場にダンスパフォーマンスを披露し、試合でも特異な動きで“変幻自在のトリックスター”という異名を誇っただけのことはあります。

一般公募のダンサーも登場
さらに『DELL Streak』の紹介をしているとふたたび音楽が始まり、今度はステージ下に今回のイベントに一般から公募したダンサーを従え、さらに大規模なパフォーマンスを披露。会場の見学者を驚かせていました。

この後、デルのコンシューマー&SMB事業本部 マーケティング本部長の原田洋次氏とソフトバンクモバイル執行役員 マーケティング・コミュニケーション本部長の栗坂達郎氏が順に登壇。5インチタブレットという新しい市場と、今後も続くという両社の協業への期待を語りました。

WORLD ORDERのメンバーによるフォトセッション

タッチ&トライイベントを開催している店舗は次のとおり。

・渋谷
RoyalGardenCafe SHIBUYA
ballo ballo
kawara Cafe&DINING宇田川店
DexeeDiner松涛店
WIRED CAFE 渋谷QFRONT店
・原宿〜表参道
omamori原宿店
bio ojiyan cafe
C's fort
LoiteR
ZipZap

店舗で触れる端末には、そこでしか見られない『DELL Streak × WORLD ORDER』の特典映像が収録されているそうなので、AndoridファンやWORLD ORDERファンは足を運んでみては?



■関連記事
3月10日発売 フルキーボードとAndroid 2.2を搭載するNECの“スマートブック”『LifeTouch NOTE』駆け足レビュー
映画『ハリー・ポッター』6本入りHDD製品レビュー DivX形式だからPC・PS3・スマートフォン・タブレットでどこでも鑑賞可能
アキバにあるAndroidタブレット“aPad”の専門店 NextFun に行ってきました
NECビッグローブが7インチAndroidタブレット『Smartia』を12月6日に発売へ
KDDIが最新のAndroid 2.2搭載の7インチタブレット端末『SMT-i9100』を発表! いろいろ触ってみました