日本語で「コピー」、韓国語では「鼻血」という意味に! 日韓の同音異義語が面白い[ナナメ目線!ジャパコリアン]

写真拡大

韓国語の7割以上は漢字語だ。1970年代頃までも韓国では普通に漢字が使われており、今の日本のように文中に漢字を交ぜていた。しかし現在、韓国では漢字は使われておらず、漢字の読みをハングル表記にして文章を構成している。分かりやすく言うと、平仮名だけで書かれているようなものだ。

もし、日本語の文章が平仮名だけで書かれていたら、すごく読みづらくなってしまうだろう。しかし韓国語の場合、漢字1文字あたりの音節が1音節なので、ハングル表記にしても文字数は増えないし訓読みも存在しない。ハングルだけの文章でも意外と読みやすいのだ。

とはいえ韓国語も元は漢字。意味は日本語と一緒で、発音も似ているものを探してみた。日本語読みのままでネイティブの韓国人に通じるレベルだ。やはり音読みの単語に類似しているものが多い。

三角関係、冷蔵庫、洗濯機、無理、無視、図書館、料理、計算、契約、討論、市民、家族、修理、新聞、気分、高速、道路……。

しかしこれだけだと面白くないので、ついでに逆のパターンも探してみた。発音は一緒だが、意味がまったく違うものだ。例えば、日本語で「コピー」という単語は、韓国だと「鼻血」という意味になってしまう。これが意外と面白い。

[日本語]  [韓国語]
コピー      鼻血
困った ありがたい
居間  おでこ
森  頭
子グマ   さつまいも
記事   耳くそ
タダ       乗る
行った    ある(いる)
ネコババ  私の鼻を見て
おっちゃん   タンス
もっこり    ネックレス
おっ!    服
パリパリ  急いで!
子やぎ   猫
毛     犬
持ってよ     出来ません
白     嫌だ

パッと思いついたものだけでこれだけあった。探せばもっとあるはず。いくつかの単語を繋げると、なかなか面白い文章が出来上がるので、韓国人の友達などに是非お試しあれ。