大型掲示板・2ちゃんねるのゲーム関連板で毎年、開催される『クソゲー・オブ・ザ・イヤー』。同イベントではその年に発売した家庭用ゲームソフトを対象にユーザーが消化不良を起こしてしまうような1本を決めるというもの。ファミコン時代とは違い理不尽なシステムや難易度を擁するゲームソフトは減少傾向にあるようだが、それでもすべてが良作とはいかず、名作、良作と謳われるゲームソフトの陰を担う存在として必要悪なのかもしれない。

2011年2月。クソゲー・オブ・ザ・イヤー2010の大賞がついに決定した。気になるタイトルは2010年1月28日に日本一ソフトウェアより、発売したPS3用ソフト『ラストリベリオン』に決まったようである。同ソフトは昨年2月の時点で早々に同イベントにノミネートされていたソフトである。

主な選考理由は以前から指摘されていた些細なマイナス要素の数々。ラストリベリオンはamazon.co.jpにて『オーソドックスRPG』に属するジャンルで重厚なストーリーが楽しめそうと期待したユーザーも多かったようだが、以下の点がマイナスポイントとして査定されたようである。

マイナスポイント・敵の弱点を突くというシステムが破綻している
これは弱点を見つける方法が総当りか勘に頼るという術しか用意されておらず、普通に攻撃を仕掛けた方が楽に倒せるため、せっかくのシステムを活かしきれてない。

・ロード時間の長さ
ゲーム全般に言えることだが、あまりにも長いロード時間はプレイヤーに敬遠されることも。同ゲームもWebサイト『クソゲーオブザイヤーWiki』の記述によれば最大で30秒前後のロードもあるとか。

・戦闘の煩雑さ
ラストリベリオンはエンカウントではなくシンボルエンカウント方式を採用している。これはフィールドを歩くと特定の確率で敵と遭遇するというものではなく、予め決められた数の敵がフィールド上に点在しており、それらと接触すると戦闘がスタートするというもの。

敵シンボルの移動スピードは非常に高く逃げ切ることができない。複数の敵シンボルに囲まれると連戦は必至とフラストレーションの溜まる展開もあるようである。(エンカウント方式を採用したRPGの代表格はドラクエやFF、後者のシンボルエンカウント方式はロマンシング サ・ガが有名である。)

・装備品の必要度
耳、指、腕と3箇所に装備品を身に着けることができるようだが、数字の面での上がり幅は数%程度とスズメの涙ほど。極端に言えばあってもなくても変わらないという声も挙がっているようである。

クソゲーオブザイヤーの大賞に選ばれがちなゲームが進行できなくなるような致命的なバグなどは存在していないものの、小さなほころびの数々が、やがては大きな破綻につながり、ユーザーの印象として残ってしまったのではないだろうか。

▼外部リンク

Last Rebellion
ラストリベリオン
2010年 大賞 - クソゲーオブザイヤーWiki


■関連記事
iPhone『バーコードカノジョ』1,111,111人目到達キャンペーン開始
【ニコニコ動画】影山ヒロノブさん・毎年恒例のバースデーライブをニコ生で無料オンエア!
『第五回声優アワード』一部受賞者を先行発表
TVアニメ『SKET DANCE』の3大ニュースが到着!
【元モー娘。】矢口真里さんがすっぴんを公開中