CULTURE110216_3main

写真拡大 (全2枚)

ラフォーレ原宿が多彩なアーティストを招き開催する音楽&アートのイベント「LAFORET SOUND MUSEUM」。昨年9月、ユニット"相対性理論"をフィーチャーし大好評を博した前回の公演に続き、今回は、趣をがらりと変えて、アバンギャルド・ジャズからクラブシーンまでを熱狂させるジャズ界の鬼才、菊地成孔氏と、煌くようなピアノを奏でるピアニスト、南博氏によるデュオをフィーチャー。上質なジャズスタンダードアルバム「花と水」で大反響を巻き起こした二人による、インプロビゼーション満載の最高のインタープレイは必見だ。また舞台演出を手掛けるのは、国内外で精力的な活動を展開するフラワーアーティスト、東信氏。花のクチュリエとしても名高い彼が創りだす、デュオの美意識、世界観を体現したステージも見逃せない。

左から、菊池成孔氏、南博氏、東信氏

ストイックな音楽と植物と花のもつ神秘的な美を独特の感性で表現した艶やかなステージ。ここでしか体感できない夢のコラボレーションが実現。チケットは2月17日から発売を開始する予定だ。

■LAFORET SOUND MUSEUM 2011 イベント概要
会期:2011年3月17日(木)
17:30開場 18:00開演/20:00開場 20:30開演 1日2公演
会場:ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F)
主催:ラフォーレ原宿


■問合せ先 ラフォーレ原宿 Tel:03-3475-0411 http://www.laforet.ne.jp

■関連記事
食べる映画「eatrip」、東京さんぽ上映会を毎月開催
中村キース・ヘリング美術館が基金 HEART Aidを設立
ロンドンV&Aで、ヨウジヤマモト展と「カルト・オブ・ビューティー」展を開催
命がけの美しく恐ろしい大量の画。狩野一信「五百羅漢」展
マリー=アントワネットの画家、ヴィジェ・ルブラン展