アクセンチュア(東京都港区、程近智社長)は、2011年経営方針記者説明会を開催し、サービスフィーに成功報酬を組み合わせた「マネジメントサービス」を強化していく方針を示した。

 日本企業が持つ技術優位性を活かす上で弱点となっている経営力(ローカルニーズの把握力、コスト、ビジネスモデル構築力)を向上させる支援に力を入れる。

 日本企業の新興国を中心とする新市場への進出、グローバルなオペレーティングモデルの導入において、戦略、営業・マーケティング、サプライチェーン、管理の全てをカバーして、同社の最適な人材を配置する。顧客とともにリスクを負担することで、結果へのこだわりを鮮明にする。

 西村裕二同社経営コンサルティング本部統括本部長は、「アクセンチュアのビジネスを、For ClientからWith Clientに変革する。海外グループ会社の経営支援では、人材の採用・評価・教育までを支援し、アクセンチュアのトレーニングプログラムも開放する」と話している。

拡大するグローバル採用-広がるアジア市場と慢性的な日本人の人材不足への対応
グローバル人材の求人動向-電機・素材業界で求人増加
中国・アジア地域でM&A拡大、デューデリジェンスで年金債務・雇用契約を精査

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。