日本ハンター・ダグラス(株)では、ハニカム(蜂の巣)構造による優れた断熱性とユニークなデザインが魅力「デュエット・シェード」に新操作タイプを追加、2月25日(金)に新発売する。
新しい操作タイプは「イージーライズ操作 プライバシー・ビュー型」。2種類のファブリックを上下につなぎ合わせ、中間レールの昇降操作により自然光を自在にコントロールできる「プライバシー・ビュー型」は、デュエットシェードの魅力がもっとも引き立つ操作システムである。今回はこのプライバシー・ビュー型に、従来の「コードロック操作」に加え、「イージーライズ操作」を追加する。「イージーライズ操作」は、ループ状のコードで昇降操作をするいわゆるドラム式となるため、従来の操作方法と比較して操作時の負担が軽減するだけでなく、製作可能サイズが大幅に拡大する。