iPhone アプリ「PC Engine GameBox」 第2弾タイトル配信スタート

写真拡大


株式会社ハドソンは、本日2月14日(月)に、iPhone/iPod touch向けに好評配信中の「PC Engine GameBox」のバージョンアップを行い、ユーザーからの要望が高い5タイトルを、第2弾タイトルとして追加。

追加するのは、『出たな!!ツインビー』(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)、『弁慶外伝』(サン電子株式会社)、『ダブルダンジョン』『改造町人シュビビンマン』(以上、株式会社エクストリーム)、『PC原人2』(ハドソン)の5タイトル。

弁慶外伝


ダブルダンジョン


改造町人シュビビンマン


PC原人2


出たな!!ツインビー





「PC Engine GameBox」アプリの概要「PC Engine GameBox」は、タイトル名にもあるように、過去に発売された PCエンジン用の名作ソフト(2011年 2月 14日現在、計 21タイトル)を 1つのパックにしたゲームアプリで、アプリ本体のダウンロード価格は無料。

PCエンジンで発売されたオリジナルゲームをiPhoneで完全再現している。 このアプリをダウンロードすれば、毎日お薦めの1タイトル(Pick Upゲーム)を無料で遊べるため、毎日使えるガジェットアプリとしても十分にお楽しみいただける。

無料で遊べる『パワースポーツ』以外の 20タイトルの中から、お好きなゲームタイトルだけを1タイトル当たり税込価格 350円で購入可能。


■「PCエンジン」および「TurboGrafx16」について 「PC エンジン」は、日本電気ホームエレクトロニクス社が発売した HE-SYSTEM 規格に基づく家庭用テレビゲーム専用機(1987 年 10 月 30 日発。24,800 円) 。

当社が開発した独自の LSI「C62 システム」を搭載。CPUの処理速度、グラフィックの美しさ(512色)や迫力のあるサウンド(ステレオ6ch音源、2chサウンド出力可能)など、当時の常識を覆す高速・高性能を実現した。

また超小型の大容量プラスチック ROM「Hu-CARD(Turbo Chip) 」でソフト供給したことも話題の一つ。
1988 年 12 月 4 日には、CD-ROM をゲーム媒体に使用した世界初のテレビゲーム専用機として、「PC エンジンCD-ROM2システム」も発売。
「TurboGrafx16」は、PCエンジンの海外版として1989年から北米で発売され、欧州では「TurboGrafx」として発売された。

©1992 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
© SUNSOFT
© NCS/extreme © HUDSON SOFT
© NCS/extreme © HUDSON SOFT
© HUDSON SOFT © RED


▼外部リンク

トップ | 株式会社ハドソン


■関連記事
ライトノベル「神様のメモ帳6」発売!
「けいおん!!」マスコットレリーフマグネットが5月下旬に発売!
世界のバレンタインデー
「俺妹」高坂桐乃&黒猫デザインのカーテンが登場!
マクドナルドの商品原価が流出?