世界のバレンタインデー

写真拡大


今日はバレンタインデー。男性の皆さん、意中のあの人にチョコレートをもらうことはできたでしょうか?女性の皆さん、意中のあの人にチョコレートを渡すことはできたでしょうか?

さて、このバレンタインデー。日本では女性から男性にチョコレート渡すのが一般的になっています。2月14日が近づくとあちこちにチョコレート売り場ができ、そこに女性が大挙する。この光景は、もはや風物詩とも言えるでしょう。

しかし、世界を見渡せばこれが意外と少数派であることはご存知でしょうか。同じバレンタインデーでも、国によって様々な形態が存在します。そんなわけで今回は、世界のバレンタインデーについて調べてみました。


【韓国】

(女性→男性)
韓国でも、日本と同じく女性から男性にチョコレートを渡すというのが一般的。3月14日には、ホワイトデーもあります。そして面白いのが、更に一ヶ月後のブラックデー(4月14日)の存在。この日は、バレンタインデーで贈り物をもらえなかった男たちが黒い服をきて集まり、チャジャンミョンを食べながら慰め合うという夜会を繰り広げます。ちょっと楽しそうですね。


【台湾】

(男性→女性)
台湾では、バレンタインデーが年に2回存在。1回目は、2月14日(西洋情人節)。2回目は、旧暦の7月7日(中華情人節)。どちらの日も、男性から女性にアクセサリーなどのプレゼントを渡すケースが一般的です。最近では、チョコレートを贈るパターンも増えているそう。ちなみに、日本で言う「義理チョコ」は存在しないとのことです。


【中国】

(男性→女性)
中国では、男性から女性にバラの花を贈るのが大半。多くの男性が一気にバラを買い求めるため、この時期になるとバラの値段が高騰することもあるようです。最近ではそれを避けるために、ぬいぐるみをプレゼントするパターンも増えているみたいですね。


【アメリカ】

(男性⇔女性)
好意や愛情の他に、日頃の感謝の意も伝えるアメリカのバレンタインデー。男女どちらからということはなく、思い思いの人にプレゼントを渡します。プレゼントするのは、アクセサリーやカードのほか、お菓子など。ただプレゼントを渡すだけでなく、その日はちょっと高級なレストランでディナー、なんてパターンが基本です。


【フランス】
(男性⇔女性)
フランスのバレンタインデーも、男女共にプレゼントしあうのが一般的。ただしフランスのプレゼントは、宝石や香水、高級な下着や旅行券など、他国に比べてちょっと高額な物が多く見られます。さすがオシャレなイメージのあるフランスですね。また、フランスでもこの日の高級レストランは大忙しだとか。


【イタリア】
(男性⇔女性)
バレンタインデーの起源にもなっているイタリア。「サン・ヴァレンティーノ」と呼ばれるこの日は、イタリア人にとって「愛を告白する日」ではなく「愛を確かめ合う日」。カップルのためのお祭りなんですね。お互いがパートナーに、花束やお菓子をプレゼントします。


【イギリス】
(男性⇔女性)
イギリスのバレンタインデーは何ともロマンチック。片思いの人にカードを贈るのは他の国でも多く見られますが、イギリスではこのカードに自分の名前を書きません。つまり貰った人は、誰が自分に好意を持っているのかはっきりとわからない、というわけ。どうしよう、何も貰っていないのに何故かドキドキしてきました。


【スペイン】

(男性⇔女性)
スペインでは「恋人たちの日」と呼ばれるバレンタインデー。男性は花、女性は服などをパートナーにプレゼントします。また、4月23日には「サン・ジョルディの日」と呼ばれる、もうひとつのバレンタインデー的イベントも存在。カタルーニャ地方ではこの日、男性が花を贈り、女性が本を贈ります。



いかがでしたでしょうか。こうやってまとめてみると、女性から男性にチョコレートを渡し、尚かつ告白のチャンスもあるという国は、日本と韓国ぐらいなんですね。

皆さんにとって今日が良き1日であったことを願います!


■関連記事
ライトノベル「神様のメモ帳6」発売!
「けいおん!!」マスコットレリーフマグネットが5月下旬に発売!
マクドナルドの商品原価が流出?
カーテン魂×俺の妹がこんなに可愛いわけがない
「エルシャダイ」ベイルプロモーションムービーが公開!