リクルートマネジメントソリューションズ(東京都千代田区、釘崎広光社長)は、英語と中国語で受検できる適性検査「グローバルSPI2」の提供を開始した。

 新卒採用の適性検査であるSPIは、年間全国8000社が利用し、138万人が受検している。90年代半ばから、英語版や中国語版を試験的に提供してきたが、受検結果については、日本人学生と容易に比較できるようにはなっていなかった。

 日本企業のグローバル採用が本格化しつつある中、「グローバル統一の採用基準」というニーズの高まりを受け、英語や中国語で受検しても、日本人学生と同じ基準での比較ができるようにした。受検費用は、1人当たり税込6300円。

 内藤淳同社商品開発部開発グループマネジャーは、「海外進出が加速する流通業やサービス業では、現地社員採用での受検ニーズが高まっています。一方、留学生採用では、日本語の受検では本人の性格や能力が十分に表れないことがありますので、適切な人物理解のツールとして活用していただきたい」と話している。

拡大するグローバル採用-広がるアジア市場と慢性的な日本人の人材不足への対応
グローバル人材の求人動向-電機・素材業界で求人増加
人材採用の専門誌が評価する「人材紹介会社」

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。