人事担当者が不採用者を見極めるための4つのポイント

写真拡大

 2012年度卒業予定の大学生の就職活動が本格化しています。
 企業にとって、新卒学生の採用は企業の成長を考えると欠かせません。では、自社の成長に貢献できる人材を採用するには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。
 一部上場企業の人事屋として、人材開発、人材採用などを手がける中尾ゆうすけさんが執筆した『欲しい人材を逃さない採用の教科書』(こう書房/刊)より、人事担当者が不採用とするべき4つのポイントを紹介します。

1、話に一貫性がない
 このような学生は、自分の考えがありません。就職活動対策本などから聞きかじった内容を一見うまく話しているようで、実はよく理解していないため、それぞれの話に一貫性がでてこないのです。
 エントリーシートと面接での話などに食い違いがあれば、その話自体が事実でない可能性があります。その場しのぎで、何も考えていないような学生はNGです。

2、口先ばかりで行動が伴わない人
 頭だけはよい評論家タイプや、理想は立派で考えがしっかりしていても、自分自身がそれに向かった行動をしない人、人まかせで自分自身は何も行動しない人もいます。そういう人を見抜くために、過去の経験について「その時どうしましたか?」と実際のエピソードを聞いてみて下さい。何も答えが出ない場合は、口先だけの可能性があります。

3、基本的なコミュニケーション能力に欠ける人
 コミュニケーションが下手、というレベルあれば、その後の教育次第で成長させることができます。しかし、そもそも基本が全くできていない、しようと思わない人はそう簡単に変わりません。
 また、普段はきちんとしている学生でも、緊張のためにコミュニケーションがうまくできない場合もあります。面接の前の会話で緊張をほぐすなど、面接する側にも注意が必要です。

4、うしろ向きな学生
 ネガティブ思考の学生は、自分の成長や前進を止めてしまうだけではなく、他の人の足をひっぱります。思考を変えるのは大変なので採用してしまうとかなりの苦労をすることになります。

 人事の仕事は「学生が入社したら終わり」ではありません。その学生が入社してどう成長し、どう活躍できる人材になっていくのかが一番大切なことです。そのためにも社風に合った、良い人材を見つける必要があるのですね。
(新刊JP編集部/川口絵里子)

【関連記事】  元記事はこちら
3000人以上もの人と会ってきた面接官が語る“就職面接の本音”
失敗する面接時の振る舞い方 4つのケース
「こんな学生はいらない!」採用担当者の本音
優秀な人材を採用するために企業がやらなければいけないこと

【新刊JP注目コンテンツ】
美月 あきこ 『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣 コミュニケーション編』 特集ページ!
『あなたがいなくても勝手に稼ぐチームの作り方』特集ページ!