PS3で作った『ドラゴンクエスト1』の完成度がスゴイ!

写真拡大

プレイステーション3で作られた『ドラゴンクエスト1』の完成度が「すばらしい!」と話題になっている。この『ドラゴンクエスト1』は一般人プレイヤーが作ったもので、かなりリアルに『ドラゴンクエスト1』を再現。あまりの再現度に「すげえwww」や「どうやってんだwwww」、「うおおおおおおおおお」などの声が寄せられている。

しかしこのゲーム、プレイステーション3用の開発機材で作られたものではなく、『リトルビッグプラネット2』という人気ゲームソフトを使って作られたものなのである。『リトルビッグプラネット2』は「ゲームを作るゲーム」ではあるもののやれることには制限があり、ここまで作り込むことは難しいのである。にもかかわらず、かなりリアルに『ドラゴンクエスト1』を再現しているのだから驚きだ。

・インターネットユーザーの声
「マジでこれどーなってんの? 凄すぎる」
「こんなんできるんかwww」
「戦闘だけはFFかw」
「ホイミしょぼいwwwwwww」
「プログラミングしたほうが早そうだw」
「すごいな。すごすぎて意味わからん」
「コレただ遊ぶだけでも十分おもしろいよ」
「何がはじまるんです?」
「音楽がそれっぽいwwwww」
「プログラム言語覚えたほうが楽だなw」
「リトルビッグプラネットおもしろすぎだww」
「ドラクエじゃねえか!!」

ここまで他のゲームを再現できるとなると、『リトルビッグプラネット2』を欲しいと思う人が出てくるかもしれない。しかし、ここまで完成度の高いものを作るには、かなりの時間をかけなくてはならない。そして、それなりの知識も必要となる。

「それでも作ってみせる!」という人は、『リトルビッグプラネット2』に挑戦してみるのもアリかもしれない。ちなみに、『リトルビッグプラネット2』で作った『ストリートファイター』も話題となっており、気になる人はチッェクしてみるといいかもしれない。

screenshot:nicovideo.jp

このニュースの元記事を読む

■関連記事