なぜ日本のネット空間は“2ちゃんねる的”なのか

写真拡大




今回はpikarrrさんのブログ『pikarrrのブログ』からご寄稿いただきました。

なぜ日本のネット空間は“2ちゃんねる的”なのか

日本のネット空間の『2ちゃんねる』化

日本のネット上のコミュニケーション空間には独特のコンテクストがある。特に『2ちゃんねる』が特徴的であるが、実社会への皮肉、若者世代論、オタク、ネットリバタリアンなどの傾向が強く、“実生活”のコミュニケーション空間と比べると独特である。

ブログをやっていると、このネットコンテクストの強制力をすごく感じる。ネット上のコンテクストに同調するような強者たたき、若者応援、オタクネタなどはとても受けがよいが、コンテクストにそぐわない“あたり前のこと”を書くと反応か少なく、「つまらない」となる。

ネット空間は暇人がつくる

このような独特のコミュニケーション空間はネット技術に依存しているのだろう。匿名性によって言いたいことが言いやすくなる。また暇人ほど多く発言でき、同じ人が発言しても匿名なので一発言が一投票のような錯覚に陥り、暇人の発言が影響力を持ってしまう。

そしてネットコミュニケーションは暇人の世界ということだけではなく、そこにコンテクストが生まれることで暗黙の強制力をもってしまう。ネットコミュニケーションに参加するだけで、“2ちゃんねらー”のように振るまってしまう。おそらくネット上の自分が“実生活”の自分といかに違うか自覚している人ほとんどいないだろう。

西洋人の“政治的な”場としてのネット空間

しかし『2ちゃんねる』的コンテクストが日本特有であることは、このようなネット技術だけでは説明できない。日本においてこのような独特の言語空間が生まれたのは、そもそも日本に論理的なコミュニケーション文化が乏しいことによる。

最近日本でもブームになったサンデル氏の政治哲学講義にみられるように西洋文化には、“正義”を言語によって論理的に示そうとする長い歴史がある。だからネットコミュニケーションというテクストのみのコミュニケーションの場において、西洋人は自らの主張を論理的に表現したいという匿名を越えた顕名の“政治的な”場を生み出す。

それに対して、日本には正義を言語によって論理的に示そうというような文化はなく、正義は集団的な調整によって生み出すという文化をもつ。集団的な調整とは、一つは上下関係による“上からの声”による調整、もう一つは“空気”による暗黙の同意である。

日本人の“空気”による同意を目指すネット空間

ネットコミュニケーションはフラットな空間として設計されているために、基本的に“上からの声”はない。すると“空気”による暗黙の同意を目指すことになるが、テクストのみのネットコミュニケーションでは“空気”は伝わりにくいというフラストレーションが、絶えず日本のネットコミュニケーション空間に生まれ続ける。

日本のネットコミュニケーションは、絶えずいかに“空気”を伝えるか、“空気”を操作するか、を元に作動している。空気は論理的な一発言では伝わらない。コメントが連続することで生み出される。それも論理的であるよりも感情的、刺激的なコメントによって。このために匿名の暇人が大量にレスを繰り返すという“2ちゃんねる的”コンテクストへと成熟する。だから日本のコミュニケーションは“祭り”が目指される。

最近はこのような傾向は、ネットコミュニケーションだけではなく、“実社会”の言論空間でも現れている。ネット上のフラット化の影響が“実社会”にもおよび、“上からの声”で納得しない人々は“空気”による暗黙の同意を求めて、“祭り”へ向かう。そして一通りバッシングして騒ぐことで“空気”を共有して落ち着き、また次の“祭り”へ向かう。首相が短期間で替わることにもこのような傾向が現れており、日本国の運営にも支障をきたしているという笑えない状況がある。

『Twitter』が“実生活”のコミュニケーション空間と近い理由

日本のネットコミュニケーションで成熟した“2ちゃんねる的”コンテクストを、嫌う日本人は多い。“実生活”のコミュニケーション空間の延長上の穏やかで生産的なコンテクストを求める人々が『mixi』や『Twitter』へ向かう。

『mixi』は“足跡”として閲覧でさえ顕名にすることで、徹底的に匿名性を排除するよう設計されている。互いに目を見て監視し合うことによって“空気”が伝わりにくいというフラストレーションを排除する。

『Twitter』は、140字という字数制限と、他人とのコメントの連続性を断ち切ることで、徹底的にコンテクストを分断し“空気”の発生を潰す。それとともに結果的に『Twitter』の正義を支えるのは“上からの声”の機能である。

『2ちゃんねる』で有名人が発言することがむずかしいのは、フラットなコミュニケーション空間の中に埋もれてしまうことと、『2ちゃんねる』的コンテクストが“上からの声”を排除するためである。それに対して、『Twitter』では有名人は優位である。“一般人”よりもフォローが集まりやすく、コンテクストの連続性を支える役目として発言権をもち、小さなマスメディアとして作動する。擬似的ではあるが、“実生活”のコミュニケーション空間と近い状況であると言える。

マスメディアにおける、『2ちゃんねる』がタブー視されるのに対して、『Twitter』が取り上げられやすいのは、このような小さなマスメディアとして管理しやすい面をもつからだ。

執筆: この記事はpikarrrさんのブログ『pikarrrのブログ』からご寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

■最近の注目記事
SEO終了のお知らせ
『Evernote』より簡単! 『Tumblr』で集めた情報を楽々整理!
IPv4アドレス枯渇 その意味と恐らくこれから起きること(前編)
嫌われる相手のことを考える
ユニセフ職員はタダ働きじゃ務まりません